考え方を経営者に

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



こんにちは。篠田です。

 

前回は不動産投資のとらえ方についてお伝えしましたが、
今日はその続きです。

 

今はかなり不動産投資を検討されている方が多いようで、
私も現地調査で不動産の仲介業者さんや、
管理会社のスタッフさんとお話ししたりする事が多いのですが、
物件の問い合わせの数や頻度が数年前と比べて相当増えているようですね(汗)

 

やはり,皆さん良い物件を購入しようと
凄く行動されているのだと思います。

 

ただ、その話の中で
「メールで問い合わせがあるが、その後の返信が無い」、
「現地に見に来ていないのに買い付けが何件も入ってくる。」
といった話も良く聞きます。

 

良く考えて欲しいのが、
返信もしてこない、現地にも見に来ないような方に
業者さんが本当に物件を買って欲しいかどうかなんですね。

 

収益物件を専門に扱っている業者さんであれば、
取り引きに慣れていたり、今のネット環境に対応していますので、
その辺は許容範囲としてくれるかもしれないですが、
それ以外の地元の業者さんであれば
そう言った対応の時点で取り引きNGだったりします。

 

私が仲介業者さんと付き合う上で意識している事は、
相手をパートナーとして大切にする、
大事な取り引き先として付き合うという事です。

 

ここで重要になってくるのが、
どのように取り引き先と付き合っていくか、
その考え方なんですね。

 

良い不動産を購入していくためには、
考え方を「経営者」マインドに切り替える必要があります。

 

特に、会社員をやりながら不動産を購入しようとした場合に、
その考え方が「お客さん」マインドのままだったりする事が多いので、
そのままだとやっぱりうまくいかないんですよね。

 

そんな訳で、次回はマインドセットするために
参考になる本を紹介していきたいと思います。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑