テナント物件

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



こんばんは。篠田です。

私も業者さんからよく
物件情報をもらうんですが、
その中で利回りの高い案件に多いのが、
テナント物件だと思います。

よくあるのが、
1Fがテナント、
2F以上が住居のタイプですね。

中には、1Fが店舗、
2F、3Fが事務所なんて
物件もありますし、
全部テナントの商業ビル
なんてのもあったりします。

ついつい利回りが良いので、
すぐに買い付けを
入れたくなっちゃうんですが、
これもやはり注意が必要です。

良く見る形だと、
1Fがテナント2F(3F)が
住居のパターンですよね。

こんなテナント物件を検討する時に
大事なのがその比率です。

だいたい利回りの高い案件の場合
テナント比率が50%以上に
なっている事があります。

例えば、
満室想定家賃が100万円だっとした場合に、
テナントだけで50万円以上になります。

この場合だと、
テナントが退去してしまうと、
いっきに収入が半分以下に
なってしまいますので、
返済リスクとなります。

返済比率が50%以上で
融資を組んでしまうと、
その時点でキャッシュフローがマイナスです(汗)

こうならないために、
私の感覚としては、
テナント比率が30%程度の
物件を目安に選ぶようにしています。

万が一テナントの退去があっても、
キャッシュフローがマイナスにならないためです。

一概にテナント比率が30%でないと、
物件を買ってはダメかと言うと、
そんな事はないのですが、
まずは目安として知ってもらえると
良いかと思います。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑