年収だけで不動産は買えないです

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



こんばんは。篠田です。

融資を受けて不動産を購入する場合、
会社員であればその年収。

自営業や経営者であれば、
確定申告、決算書の内容が重要になります。

私の場合は、
会社員の年収が400万円台でしたので、
いわゆる属性は良くない方でした。

不動産投資をはじめる場合、
属性が高い方が有利ですし、
本来は属性が高い方や
お金持ちの方がやる事業なんだと
金融機関も考えています。

では、
属性が低いと
不動産投資ができないかと言うと、
そんな事はありません。

例えば、
年収が1000万円あるが、貯金が0円のAさんと、
年収が400万円だが貯金が1000万円あるBさんを
比べた場合、不動産の融資を受ける際は、
実はBさんの方が有利だったりします。

実際に年収400万円で融資を受けるとなると
金融機関のハードルがあるので、
必ず受けられるかは別として、
金融機関から見た場合は
貯金の多いBさんの方が
リスクが低いと認識されます。

ですので、
仮に現在の年収が低くても、
あきらめてはいけません。

ただ、
いきなり1億円の物件が買えるかと言うと、
それも難しいので、
まずは貯金するとか、
物販などの副業をして
自己資金を作ることが大切になります。

本気で1000万円貯めようとすると、
かなりの時間が必要になりますので、
数百万円貯まったところで、
区分や戸建て物件を
現金購入していくのが現実的だと思います。

まずは小さくはじめて、

・物件からのキャッシュフローを貯める
・着実に賃貸業の実績を作る

という事ができれば
次のステージが見えてきます。

一番大事な事は、
自分が置かれている状況を冷静に
理解する・認める・受け入れる事だと思います。

今すぐに大きな物件が買えなくても、
コツコツ続けていれば、
必ず次につながってくるのが
不動産投資ですから、
まずは今できる事を
着実にやっていきたいですよね。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑