良い物件情報をもらうためにとるべき戦略

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

不動産投資でキャッシュフローを得る場合、
当然ですが物件を買わなければ始まりません。

当たり前ですね。

ですが、最初はやっぱり大変なんです。

どう探せば良いかわからないですから。

だいたいの方が最初にやる方法は、
とにかくネットで物件を探します。

それで良さそうな物件を何となく見つけて、
そこから金融機関の開拓を始めます。

自宅の近くのところから、
職場の近くや、物件の近くなど、
それこそ手当たり次第にね。

でも、
だいたいこのパターンは買えません。

買えたとしても次につながりません。

なぜなら順番が違うからです。

そもそも私たちが買う物件は、
必ず融資が必要になりますから、
まずは金融機関からの融資枠が必要です。

なので、
本当に最初にやるべきは
金融機関からの融資枠をもらう事なんです。

始めに融資枠をもらえれば、
その金融機関のエリアをもとに、
購入可能なエリアを絞れます。

都銀から枠がもらえれば、
全国で買うことができますが、
その他の銀行はエリアが決まってますから。

まずやるべきは、
自分の使える金融機関を開拓して、
それぞれの融資エリアを把握する事なんです。

エリアが把握できたら、
インターネットで問い合わせたり、
現地の不動産屋さんに聞きに行きます。

ハッキリ言うと、
エリアが把握できないうちは物件探しちゃダメなんです。

それに、
融資枠をもらえてれば、
問い合わせた仲介さんに対しても具体的な話ができますし。

相手からすると、
融資枠のある人は買える客なので、
当然扱いは違ってきますよね。

買える客であれば、
自分が買える価格や希望を伝えれば、
それに該当する物件を探してくれます。

それも、ホントに一生懸命に(笑)

仲介さんも仕事になりますからねー。

良い物件情報をもらうためには、
買える客になる必要がありますから、
まずは融資枠をもらえるように行動してみて下さい。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑