良い物件をどうやって探すのか

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

前に良い物件情報をもらうには、
融資枠を最初にもらう事が
大切だって書いたと思います。

今回は融資枠をもらってからの動きです。

当たり前ですが、
投資基準に合う物件を見つけるためには、
不動産屋さんに問い合わせなければいけませんよね。

じゃー、
実際はどうすれば良いのかって話です。

例えば、
ネットや電話で問い合わせる場合、
相手に買えるお客だって知らせたいので
まずはその融資枠をちゃんと伝えます。

私は○○銀行から○億円の枠をもらってますって感じです。

この時は、
できるだけ大きな額の方が効果があります。

その方が相手は手数料がとれますからね。

それで、
ネットや電話も悪くないんですが、
やっぱり一番は現地に会いに行くって
方法だと思います。

パッと見そんな良くない物件でも
とりあえず現地に行って仲介さんと会います。

毎回行くのは面倒だし、
ほとんど空振りに終わる事も多いですが
とにかくこれを繰り返します。

そうしているうちに、
自分の投資基準に合う物件を扱う
そんな仲介さんと出会えます。

そういう業者さんと幾つか出会えると、
良い物件情報が入るようになります。

まー、
少しずつですけど。

そして、
最後には必ず
買える物件に巡り会えますので、
とにかく諦めずに続ける事が大切です。

要するに、泥臭く、地道に継続する事。

これがやっぱり一番大切なんですよね。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑