融資を引こうとするから行き詰まる

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

不動産の融資について
どう進めていけば良いか、
悩まれている方は多いと思います。

最初は私もそうでしたから、
今悩まれている方の気持ちはよく分かります。

インターネットや仲介さんから
一生懸命情報を集めて、

「この物件は良いぞ!!」

って思った物件が見つかったんで、
融資を打診したら全然ダメだった
なんて事って多いですよね。

「頭金を2割とか3割入れてもらえれば検討できますよ」

「でないと厳しいですねー」

「まずは自己資金を貯めることから始められたらいいんじゃないでしょうか」

なんて冷たく
金融機関の担当者さんから
言われちゃう事もあると思います。

せっかく良いと思った物件なのに、
そんな感じで言われちゃうから、
悔しくて、ムキになって、
他の金融機関にも
手当たりしだい突撃するなんて
皆さんも経験があるんじゃないでしょうか。

その時に考えている事って、

「融資を引ける金融機関」

をとにかく探そうって感じだと思います。

「A銀行さんがダメだったから、B銀行さんならどうか」

「それでもダメなら、C信金さんなら引けるかな」

なんて考えちゃいますよね。

それで、
だいたい最終的には
どこからも満足いく回答が得られないか、
なんとか自分の希望する
融資額や期間を引けましたってなりますよね。

ホントは
融資が引けた方が良いんですけど、
長期的な視点で戦略的に
物件を買っていこうとした場合
融資が引けちゃうと、必ず行き詰まります。

仮に今回買えても、
次の物件は買えないか
もしくはもっと多くの
金融機関に打診して何とか買うか
って感じになります。

ですから、
こんな感じで買い進めていくと、
買えば買うほど、
次の融資のハードルが
高くなっちゃうんです。

それで
2~3棟くらい買ったところで、
だいたいは、どこの金融機関も
相手にしてくれないって
状況になっちゃいます。

ホントにこのパターンで
買い進めていけなくなる人が多いんです。

じゃー、
そうならないためにどうすれば良いかと言うと。

どんな物件だったら
キャッシュフローも
金融機関からの評価もでるのかを
まずは知る事ですよね。

次に、
自分の使える金融機関がどこなのか、
その金融機関の物件評価の基準は
どうなのかを知る事です。

金融機関については
自分が使えるところもそうですが、
収益不動産の融資に
積極的なところを調べて、
そこと取り引きできるのかも
知らないといけません。

自分の使えるところが、
収益不動産の融資に
消極的だなんて事も
いっぱいありますから。

とにかく言える事は、
各金融機関の特徴を自分で
しっかり調べましょうって事です。

自分には
取り引き可能な銀行が何行あって、
信金だったら何行いけるかなって
感じで把握しないといけないですし、
プラスしてそれぞれの金融機関の特徴を
詳しく知らないといけないですよね。

この作業をしっかり行なえれば、
どんな物件だったらフルローンが出て、
どの位の価格まで持ち込める
なんて事がはっきりしますから

良い物件を見つけた時の
持ち込み先もはっきりしますよね。

これが分からない状態で
物件を持ち込んでいる方が多いので、
ホントにもったいないなーって思います。

 

融資は無理やり引くものでなくて、狙い通りに引き出すものである。

 

これが分かってくると、
物件の購入スピードが間違いなく上がります。

金融機関の特徴を
把握するのは大変な作業ですが、
これをしっかりやっておくと
後が楽になりますので、
頑張ってやっておきたいですよね。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑