給料の1万円と事業資金1万円の違い

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

不動産を運営していると、
必ず修繕って発生しますよね。

退去後の現状回復はもちろん、
入居中の部屋からも照明が壊れた、
水道から水漏れした、なんて
細かな修繕の連絡はあると思います。

そこで、
すぐに対応しようと思って、
管理会社さんにお願いすると、
ちょっとした作業なのに
1万円とか平気でかかってきます。

私も慣れないうちは、

「そんなにかからないでしょー」

って思って自分で手配してました。

直接業者さんにお願いした方が安いですからね。

でも、そうすると

・業者選定
・現地確認
・見積り確認
・手配
・入居者と日程調整

って感じで、
修繕が始まるまでに
だいぶ時間がかかります。

それに、
私も動かなくちゃいけないのが
結構面倒くさいです。

結果的に
数千円安く施工できたとしても、
対応に時間がかかれば、
入居者さんからの不満や
クレームにつながったりします。

数千円のコストダウンを得るために、
入居者さんの不満につながる対応をする事に
メリットがあるのかなーとも思います。

そこで、考えて欲しいのが、
サラリーマンの給料から出す1万円と、
賃貸業に必要な事業資金の1万円では
全く意味が違うって事です。

どうしてもサラリーマンの感覚で
1万円を捻出するのって大変で、
痛みを感じる事ですが、
事業資金で1万円捻出するなんて、
当たり前なんですね。

むしろ、
数万円、数十万円単位での修繕なんて
普通じゃないですか。

不動産投資はそんな事が普通の事業なのに
ちょっと修繕が出たからって、
必要以上にケチるってのは
どうなのかなーって思います。

結局、
自分が動くか、相手が動くかの違いで、
どうせなら対価を払って
相手に動いてもらった方が
効率が良いですよね。

修繕の対応で、
いちいち時間をとられるなら、
その時間で新しい物件を捜した方が
合理的だと私は思います。

それに、
変にお金をケチるオーナーさんって
管理会社さんから評判が悪くなりますから
長期的にみれば、そっちの方が
デメリットが大きいんじゃないかと思うんです。

サラリーマンの給料から
1万円捻出するのは大変ですが、
私たちがやっているのは
不動産賃貸業っていう事業ですから、
つまりは経営なんですね。

事業を経営していれば、
1万円の経費なんて
普通にかかってきますよね。

サラリーマンで不動産投資をやっている、
そんな方も多いと思いますが、

「自分は経営者なんだ」

という感覚で運営していけると、
もっと上手くいく事が増えてくると思います。

私はいつもそんな気持ちで
不動産投資と向き合っています。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑