できるだけ高く買います

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

私たち投資家は、
物件はできるだけ安く買いたいですよね。

安く買えれば、
買った瞬間に利益が確定しますし、
なによりキャッシュフローが良くなります。

そうなれば投資としては大成功です。

不動産投資は
いかに安く物件が買えるかが
勝負となります。

ですから、
昨今の物件価格が高騰している市況では、
なかなか割安の物件は見つからないですよね。

仮に、
もう少し指値が利けば
購入対象になる物件でも、
売り主さんが強気で
全然価格交渉に応じないなんて事も
よくあります(笑)

そんな状況ですから、
今は買いの相場じゃない
なんて思っている方も
多いんじゃないかと思います。

やっぱり、
一昔前の利回りと比べたら
明らかに低くなってますし、
その当時買った方からすると、
今の利回りではキャッシュフローが出ない、
リスクがあると感じるんじゃないでしょうか。

ですから、

高値で買う=失敗

という図式があるんだと思います。

確かに、
極端に高値掴みをしたら
さすがにマズイですけど、
それでもギリギリのラインで、
キャッシュフローが出る物件なら
買っていいと思います。

むしろ、
積極的に買うべきなんじゃないでしょうか。

物件の利回りだけ見ると下がってますが、
それと同じように調達金利も下がってます。

であれば、
あとは物件毎に運営経費なんかを
しっかり計算していけば、
必ず買える物件は見つかるんですよね。

ただ、
その時にどうしても
高値掴みしたくない、
安く買いたいって感じになっちゃうんで、
むやみに指値しちゃうんです。

究極は、
調達金利と取れる融資期間によって
いくらまでなら高く買えるのかを
しっかり把握しておくべきなんです。

中には謄本をしっかり見て、
相手の残債を把握した上で、
ありえない価格の指値をする人もいます。

「10年前に新築してるから、
残債を考えると今の価格だと○○万円も儲けるのか!」

「けしからん!」

なんて感じで、
とにかく相手に儲けさせないように
安く買おうとするんですね。

よく考えて欲しいんですが、
仮に相手が数千万円儲かっても、
それで自分の基準に合った物件が買えるなら
ぜんぜん良いんですよ。

むしろ、
相手が儲かる範囲で、
自分ならどこまで
高く買えるのかって考えないと
今の相場では買えないと思います。

別に高値掴みを
推奨してる訳ではありませんが、
今の市況で物件を売るのは、
売り主が儲かるからですよね。

そんな相手の状況を考えないで、
自分の考えだけを通そうとしても
結果は出ないです。

なので、私は
相手からできるだけ高く買えるように
自分の調達金利と融資期間を
しっかり把握しています。

これもある意味買うための準備です。

皆さんもそんな視点で
価格交渉をしてみて下さい。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑