不動産投資の本

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



スバルです。

今日は不動産投資の本の紹介です。

カーター校長こと、河田康則さんの本です。

河田さんの本は、前著の

「金利1%台で融資4億円を引き出す不動産投資」

が有名ですよね。

私は2冊とも読ませて頂きました。

今回の著書ではこれから社会人になる方や
高騰相場でなかなか物件が買えない方が
最初の一歩を踏み出せるような内容になっています。

これから始める方も、
すでに始めている方も
どちらでも面白く読めるのではないでしょうか。

河田さんの本の場合は、
前著もそうだったんですが、
融資の原則について
しっかり書かれているところが
大変参考になります。

特に68~92ページまでの内容は
継続的に物件を買うためには必須ですので
繰り返し読み、しっかり理解することをお勧めします。

また、
164~168ページにかけて、
今の高騰相場の考え方や
売り時、買い時の考え方などが
書かれていますので、
ここもしっかり理解することが
大切だと思います。

私も
今は物件価格が高騰してますから、
売り時だとは思います。

ただ、
そこで思考停止してしまい、
今は買う時期じゃないと
短絡的に考えて欲しくないです。

「物件価格が高騰=待ちの相場」

と思考停止してしまっている方は
是非読んでみて下さい。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑