売却も戦略的に

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

先日売却の話を書きました。

今は市況が良いですから
比較的収益不動産の融資はつきやすいです。

数年前までは
一部の地銀さんしか
積極的じゃなかったのに、
今はマイナス金利の影響もあって
どこの金融機関も積極的です。

ですから、
数年前に物件を購入した方は
今後の投資方針を考えつつ
戦略的に売却を検討していくのもありだと思います。

うまく売却できれば、

手元資金が増える+残債が減る

形になりますので、
その後の買い増しが楽になります。

また、
手元資金に余裕があれば
再生物件などの難易度の高いものにも
チャレンジすることができますので、
投資の幅も広がります。

そう言った意味でも、
売却を選択肢のひとつとして
考えておく事が大切です。

ただ、
売却に関しては
テキトーに売れば良いわけでは無いので、
売るタイミングと価格の把握は
しっかりしておきたいですよね。

特に、売れる価格に関しては、

「これくらいだろう」

っていうざっくりなイメージじゃなくて、
しっかり価格を調べる事が大切です。

やっぱり投資家なら、
購入にしても、売却にしても、
いくらなら確実に買えるのか、売れるのかを
把握しておくべきじゃないかと思うんです。

どうせなら、
購入だけじゃなくて、
売却も戦略的にやりたいですよね。

単純に考えて、
売値が把握できてれば、
購入希望者の属性や使う金融機関で
ホントに買えるか予想がつきますし、
売却時期もコントロールできますからね。

単純に買いたいから買う、
売りたいから売るんじゃなくて、

「狙い通りの価格で買って、狙い通りの価格で売る」

って言うような事がしたいですよね。

どうせなら、
こんな事ができるプロ投資家になりたいじゃないですか。

私はそんなプロ投資家を目指しています。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑