売り主と細かい交渉はしない

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

私は物件を買うときに
心掛けている事があります。

それは、

「売り主さんと細かい条件交渉はしない」

って事です。

私の中では当たり前なんですが、
この感覚が分からない人も居るようです。

例えば物件の駐車場を
売り主さんから継続的に借りるとします。

最初は月に3万円で良いと言ってたとします。

ところが、しばらくして
やっぱり5万円にしてくれないか
と言ってきました。

こんな時皆さんは何て答えますか?

「話が違うじゃないかー!」

「3万円でないと契約違反だ」

「そこは間をとって4万円にしませんか」

色々あると思います。

ちなみに、私は

「それで良いですよー♪」

って答えます。

だって、
3万円が5万円になったって
そんなに影響無いじゃないですか。

であれば、
そこにこだわる必要は無いですよね。

いちいち売り主さんに
突っかかるところじゃないんです。

でも、この感覚って
意外と無い人が多いんですよ。

それも
ちゃんと収支をシミュレーションして
勉強してる人ほどね。

何でかって言うと
そんな人は自分のシミュレーションと
結果が違っちゃう事が許せないんですね。

ですから、
ちょっとした事でも
細かい事を指摘しちゃうんです。

でも、
これってホントに無駄なポイントなんですよね。

だって、
売り主さんや仲介さんからしたら
そんなお客さんなんて
面倒くさいじゃないですか(笑)

私だってこんな面倒くさい人とは
取り引きしたく無いですもん。

いちいち細かい面倒くさい人なんて。

不動産の取り引きの場合は
こんな風に条件が変わる事が良くあります。

それ位アバウトな世界なんですね。

それに対して細かく突っ込んでたら、
どんどん買えない人になっちゃいます。

放置したら大ケガをするような条件は
キッパリと断らなければいけませんが、
それ以外の細かな所は
気にしないで良いんです。

私はこんな感覚でやってますし、
不動産を買うためには
必要な感覚なんだと思います。

皆さんはどんな感覚で取り引きしてますか。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑