相手の利益を守る

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

私はこれまでに
5回決済をしてきました。

5回とも全て違う仲介さんです。

そして、
その仲介さんから
今でも物件情報を貰ったり
情報交換をしたりと交流があります。

中には収益不動産は
あまり扱わない所もあります。

それでも、
継続的に連絡をとったり
情報交換はしています。

やっぱり
一度取り引きした相手とは
また次も仕事をしたいですからね。

私は常に融資枠を
複数確保するようにしてますので、
物件情報が出たらすぐに行動できます。

仲介さんにもそれは伝えてますので、
向こうもそれを知って連絡をくれます。

私もできれば
また同じ仲介さんから
物件を買いたいですし、
相手もその方が喜びますよね。

だって私は確実に買える人なんですから。

ですから、
仮に良い情報があれば
私の所に持ってきてくれます。

ホントにありがたいです。

今ではそんな関係を作れましたが、
最初からできていた訳ではありません。

そこもちゃんと戦略的に進めてきました。

そのお陰で、今では3年前と比べて
とっても楽になりました。

じゃあいったい、
私がどんな戦略を持って
仲介さんとやりとりしていたかと言うと

・細かい事は言わない
・仲介手数料は絶対値切らない

っていう事だけです。

ホントに基本的な単純な事ですよね。

こんな事なんて
誰もが意識している事だと思いますが、
実際のところは、
誰でも出来ている訳じゃないんです。

何でかと言うと、
この2つを守るには

「相手の利益を考えないとダメ」

だからです。

これが考えられない人は、
平気で必要の無い細かな事を聞きますし
手数料も値切ろうとします。

なので、仲介さんからも嫌がられちゃうんですね。

特に相手が
儲かる、成功する事に対して
ネガティブな感情がある人は
それが顕著に表れます。

仲介さんもそれを見抜きますし、
感覚的に分かるんですねー。

ですから、そんな相手とは
2度と仕事したく無いって
思われちゃうんです。

そんな事になったら
物件情報が集まらなくなりますし、
どんどん買えなくなっていきます。

最悪な状態ですよね。

そうならないためにも、
普段から相手の利益を考える
クセをつけておく必要があります。

相手の利益=自分の利益である

何て言う風に考えられるように
普段から意識していたいですし、
そんな人の方が結果的に
良い物件を買えるような気がします。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑