アクセルとブレーキ

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

私たちは、
日常生活の中で無意識に
アクセルとブレーキを踏んでいます。

アクセルは積極性、
ブレーキは消極性だと
言い換えれは分かり易いと思います。

それを心の中に持っていて、
無意識のうちに踏んでいます。

自分の身を守るため、
何をするにも、
このアクセルとブレーキを踏んで
調節している訳です。

 

これは不動産投資にも同じ事が言えて、
自分では物件が欲しいと思っていても
心の中では「怖い」と思っていると
買えないように自然と調整するんです。

例えば、良い物件が見つかったのに
家賃下落リスクが、修繕リスクが、
災害リスクがって感じで
とにかくリスクにフォーカスして
買わないようにしちゃう訳です。

ですから、
どんなに行動しても
買う事はできません。

 

結局、自分の心にある
「ブレーキ」が
何なのかを知らなければ
絶対に買えないんです。

 

借金に対する恐怖なのか、
事業経営に対する恐怖なのか、
人口減少なのか

突き詰めていけば、
必ずその原因は分かります。

 

原因が分かれば、
「知識」をつける事で
その恐怖を克服できます。

そうすれば、
「ブレーキ」は無くなっていくんです。

それで、無くなってしまえば
あとは行動することで結果は出せますから、
いかにこの「ブレーキ」を無くせるかが
鍵になると言っても過言ではありません。

ですが、なんでもかんでも
「ブレーキ」を無くせば良いって訳じゃないんで、
その辺りは誤解しないで欲しいです。

 

どんな人でも、
「許容できないブレーキ」ってありますから。

 

そこは無理に無くす努力をしてはダメなんです。

ただ、辛いだけですからねー。

 

まずは、
簡単な「ブレーキ」から無くしていって
少しずつリスクを取るようにしていって良いんです。

そこはホントに
個人差が出るところだと思います。

 

私のやっているような
ハイレバ投資法の場合は、
短期に数億円の借金をするのが
当たり前だと思われてますが、
いきなり億単位からじゃなくても良いんです。

不動産投資を始める方の目標や、
どこに位置づけるのかによっても
やり方は変わってきますから。

 

そこは、投資戦略を考えていく所ですよね。

 

自分のブレーキや投資戦略がはっきり分かれば
進む方向性が決まりますから
その時点で「アクセル」をガツンと踏めば良い訳です。

 

そのためには、
まずは自分自身の事を
良く理解しなければいけないですし、
心の「アクセル」と「ブレーキ」について
分析する必要があります。

物件検索や現地調査などの
行動をする前に
是非とも確かめておきたい要素ですよね。

 

 

私の投資履歴を配布しています。
本格的に1棟物の物件を買い始めてから、
2年7ヵ月で家賃収入1億円を達成した
投資履歴です。

気になる方はこちらからどうぞ。

 

ついでに、ポチッと
お願いします。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑