RC投資は破綻します、の続き

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

一昨日くらいに
RC投資の破綻について書いたと思います。

この記事はもの凄く反響が大きくて
ビックリしてるんですが、
やっぱり皆さん気になるんですね。

 

前回は私が

RC投資=破綻

はイメージだと
書いたと思います。

本質はRC投資=破綻じゃないんですが、
やっぱりその本質が分からない人は
破綻のイメージが強いです。

 

特に、RC投資の場合は
物件の規模が大きくなりますから、
支払う税金も修繕費も
借入額も大きくなります。

通常は1億円からが
入口になりますし、
一般的な感覚だと
リスクが大きいですよね。

だって、1億円の借金をして
今までに払った事の無い額を
納税していくんですから。

 

それを目の当たりにしたら
誰でも怖くなるし、
リスクだなーって感じると思います。

 

でも、その感じてるリスクって
今までサラリーマンとして
生きてきた感覚でのリスクなんですよね。

 

つまり、一般家庭の
家計管理の感覚なんです。

 

例えば、年収が500万円で
支払う税金が20万程度だったとすると
それが100万円増えたら
もの凄い税負担が増えたような
感覚なんですね。

でも、その増えた税金って
賃貸業からしたら「普通」ですし、
自分がそういう世界に入るんだって
知らないといけないんです。

 

むしろ、それを理解しないで
不動産投資を始めようとする事自体が
甘いんですね。

 

やっぱり、
極端にリスクを怖がる人、
納税を怖がる人なんかは
自分で事業なんて始めない方が良いし、
ずっとサラリーマンでいた方が
幸せなんだと思います。

 

不動産投資=簡単にできる副業

程度に考えている人は
無闇に手を出さない方が良いし、
やらない方が良いんですね。

 

不動産投資を始める=リスクを取って事業を始める

って事ですから、
リスクや恐怖、不安はつきものなんです。

 

何でか知らないけど、
不動産投資だけ安全な事業だと
勘違いしている人もいるみたいですが
別に安全な事業じゃないですよ。

 

そもそも、
リスクの無い事業なんて
存在しませんから。

じゃあ、どうしたら
そのリスクや恐怖、
不安を減らせるのかを
考えなくちゃいけないんですね。

 

結局、不動産投資の場合は
解決方法としては

「理解する」、「自分で経験する」

しか無いんです。

 

で、理解するためには、
「知識」に投資すれば良いし、
経験するためには、
「自分で買う」もしくは「成功している人に聞く」
事をすればいい訳です。

そうやってリスクテイクをしなければ
誰がやっても失敗するんですね。

もちろんRC投資でも、
木造でも、戸建でも
失敗しちゃうんです。

 

ですから、RC投資=破綻って
イメージしてる時点で
自分がサラリーマンマインドのままだし、
事業者として、経営者としての
感覚になって無いんですね。

そんな状態で
不動産投資はうまくいかないし、
結局継続的に買えません。

RC投資=破綻って
イメージしている人は、
改めて不動産投資についての
知識をつける事をお勧めします。

 

そんな、人にピッタリなのが
こちらです。

これをしっかり読んで
RC投資に対するイメージを
変えていかないと
どんな手法をとっても
うまくいかないと思います。

まだ読んでいない方は
すぐに読むことをお勧めします。

 

まー、読んでみて
内容に納得がいかないとか
疑問があれば

↓↓↓

info@subaru-realestate.com

こちらまで、ご意見下さいね。

 

今日もついでにポチッとお願いします。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑