センスは〇〇で磨かれる

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

 

どんな分野でも、
センスの「ある人」と「無い人」って
居ますよね。

仕事でも、勉強でも、
運動でも必ず居ると思います。

 

まー、運動に関しては、
持って生まれた運動神経が
大きく左右する分野なんで
一概に言えないですけど。

他の分野に関しては
持って生まれたもの
以外の部分でも、
差があるのって
皆さんも体験してますよね。

 

・文章を書く
・パソコン
・プレゼン
・営業
・企画

 

どんな分野でも
センスのある人って
「凄い」って思わせる力を
持っていると思います。

 

私も昔から〇〇さんは
センスがあるから良いよねって
思ってましたし。

自分の苦手な分野に対して
明らかなセンスを感じる人に
嫉妬したりしてました。

要するに羨ましかったんですね。

 

で、そんな事を思ってて
自分には何もセンスが無いんだって
諦めてたんですけど、
そもそもセンスって何だろって
ふと思ったんです。

ずっと考えてみたんですが、
その答えが分からなくて
って感じでした。

 

それで、
ようやくここ最近で
センスの正体が分かったんですが、
それは不動産投資を始めたからなんです。

 

とりあえず、
センスの正体を言うと
ズバリ、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

「知識の差」です。

 

 

 

 

なーんだ、
また知識かよって
思った方もいると思います(笑)

 

ですが、これがセンスの
「ある人」と「無い人」の
差なんだと思います。

単純に持って生まれたものだとか、
その人の才能でセンスの有る無しが
決まる訳じゃないと思うんです。

これは私が不動産投資を通じて
実感した事なんで、
私の体験談程度にはなってしまいますが。

 

感覚的に分かる方もいると思うんですが、
やっぱりその分野で
圧倒的に「知識がある」「知っている」と
特徴やメリット、
デメリットが分かりますので
自ずと違いを生み出せるんですね。

それが他の人との違いで
いわゆる「センスがある」って
事になるんです。

こんな風に考えると、
その分野において知識をつける事が
センスを生み出すためには
必要だと思います。

 

 

ですから、
私の場合は
不動産投資の「センス」が
あるって事になります。

やっぱり、
無いよりはあった方がいいし、
あるから人より違いを
生み出せるんですよね。

 

違いを生み出せるって事は
人より違う成果を出せる事に
つながりますから
不動産投資の場合は

・人が買えない物件を買える
・人が買えない時期に買える

って事になるんです。

 

ただ、注意して欲しいのが
センスがある事が

人よりも優れているって事とは
違いますので、
その辺のニュアンスは
理解して頂ければと思います。

どんな分野でもそうだと思いますが、
人と違いを出せる事が
何よりも強みだと思いますから。

 

 

それでは今日もポチっとお願いします。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑