銀行員もビジネスマンです

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

サラリーマンや経営者の人に
共通すると思いますが、
仕事相手、取り引き相手に
求める条件って「儲けさせてくれる人」
ですよね。

まー、ざっくり言っちゃえば。

 

もうちょっと丁寧に書くと、

「取り引き相手としてメリットのある人」

ですよね。

どんな世界でも
共通する条件だと思います。

この条件が成立するから
ビジネスとしての取り引きが
成立する訳ですから。

 

それで、これって
銀行員さんにも当てはまりますよね。

彼らはお金を貸すのが仕事ですが、

「儲けさせてくれる人」
「取り引き相手としてメリットのある人」

と仕事をしたいんです。

 

しかも、仕事内容が
他人のお金を貸す事ですから、
通常のビジネスより
上記の条件が厳しくなる訳です。

失敗して貸し倒れでもしたら
その損害は計り知れないですからねー。

彼らは日々
そんなリスクを背負って
仕事をしてるんです。

 

それを考えた時に、
自分が金融機関に
営業に行った場合、
相手から見て
「儲けさせてくれる人」
「取り引き相手としてメリットのある人」
に見えるかってホントに大切なんです。

いくら、自分が説明しようが
相手からそう思われなかったら
どうしようも無いんですね。

 

それで、相手から
そう思われるために、
必要な事って何かと言うと

・属性の良い人
・自己資金をたくさん持っている人
・資産家

って事ですよね。

 

で、逆にそう思われない
事って何かと言うと、

・属性が低い
・自己資金が少ない
・債務超過である

って事なんです。

 

まー、属性と自己資金については
皆さんも「そうでしょ」
って思う項目だと思います。

 

で、結構厄介なのが
最後の「債務超過」なんです。

何が厄介かと言うと、
金融機関によって
「債務超過」を気にしない
ところもあるからです。

これって、かなり厄介です。

 

だって、
他の「債務超過」を気にする
金融機関からすると
メリットの無い取り引き相手って
思われちゃってる訳ですから。

特に、大きな額を
融資してくれる
地銀、都銀は気にします。

中には気にしない地銀もありますが、
ホントにごく一部です。

そんな所は属性で貸してますから
住宅ローンの延長なんですね。

だから、属性があれば誰でも借りれるし、
逆に上限も決まってるんです。

それで、上限に達したら
もう借りれないんです。

これを理解しないで
属性で借りれる所から
ドンドン借りちゃうと
あっという間に「債務超過」
になっちゃいます。

いったん「債務超過」になっちゃうと
投資規模の拡大は難しくなります。

 

要するに、
取り返しがつかなくなっちゃうんですね。

 

ですから、最初から
金融機関の目線を理解した上で
不動産を買っていかないと
ダメなんです。

借りれば借りるほど、
「債務超過」になれば
金融機関から見て
「儲けさせてくれる人」
「取り引き相手としてメリットのある人」
って見てくれないですからね。

この考え方ってホントに大事なんで、
絶対に理解して下さい。

 

もし、分からない、不安だって場合は
私のスカイプ相談にお申込み下さいね。

その仕組みをお伝えしますから。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑