私たち30代って国や市から大切に思われてないですよね

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

 

前に、妻から旅行のプレゼントと
子供が生まれるって話を書いたと思います。

今日はその続きで、
子供に関するテーマです。

 

それは先週末に行った
母親学級での出来事なんですが。

その日は
市で開催する勉強会で、
沐浴と子供が生まれるまでの
ビデオ上映って事で参加しました。

時間は13時30分から16時までで、
会場に着いてみると満席で、
しかも参加してるのは全員夫婦でした。

 

私はまさか
全員夫婦で参加してるなんて
思って無かったんで、
正直ビックリしたんですが
それくらい今は男性も
育児に積極的なんですね。

むしろ近年の日本人には
見られなかったくらい、
男性が育児に協力的な世代だと思います。

 

これってホントに素晴らしい事ですよね!

 

 

私の親や
その上の世代には、
少しでも見習って欲しいところ
かと思います(汗)

で、それくらい今は
両親で子育てに積極的で
勉強会に参加してる訳ですが、
やっぱり無理して仕事を休んだり、
何とか時間を作って
来てる人ばっかりなんですよ。

 

そんな参加者が
必死に時間を作った中、
ビデオ上映である事件が起きました、、、、。

沐浴体験が終わって
視聴覚室に移動して
ビデオ上映が始まったんですが、
始まってすぐに
ある異変に参加者全員が気付きました。

 

 

何に気付いたかって言うと、

 

ズバリ、

 

 

「映像が古い&汚い」

 

 

です、、、、。

 

 

もう映像自体が
数十年前のヤツで
不鮮明なんですね。

で、大丈夫かなー、、、
なんて思ってた矢先、
映像が止まるんです。

 

私も「マジかー」って
思ったんですが、
その後も止まったり
進んだりを繰り返しながら、
ぐだぐだな展開のまま終わりました。

しかも終わり方が酷くて、
映像が止まってダメそうになったら
担当の職員が勝手に
終わらせちゃったんです(汗)

それには
私も妻も唖然としちゃって、
しかもそれで
勉強会は終了となりました、、、、。

 

今時なんでビデオなのか
そもそも疑問ですが、
恐らく市が予算を出さないんで
新しい教材を買ってないんですね。

そこに対して
もの凄い不信感を抱きました。

 

DVDプレイヤーだって
教材だって何十万円も
しないじゃないですか。

高くても数万円ですよね。

でもそれが予算として
割り当てられてないんですよ、、、。

そんな現状に
ホントにガッカリしました。

 

それに、
わざわざ時間を割いた
私たち世代に対して
失礼ですよね。

何かもう住んでる市で
子育てしたく無くなりましたよ。

 

 

でも、
そこで改めて感じたのは
私たちのような世代は、
国や市から大切に思われて無いなーって事です。

今回の件で
それがハッキリ分かったんですが、
やっぱり悲しかったですね。

 

だってみんな
一生懸命時間を作って
参加してるんですよ?

そんな人たちに対して
失礼じゃないですか。

 

やっぱり私たち世代は
国や市から見て
弱い存在なんだなーと
改めて思いました。

 

思わされました。

 

でも、何だか悔しいですよね。

 

 

だから私なんかは
そんな状況を変えたいし、
国や市からも一目置かれるような
経済力を持ちたいんですよね。

そんな風に
経済力をつけられれば
影響力を持てますし、
何より自分の家族を守れますから。

 

 

そんな経済力をつけるのに
最適なのがやっぱり不動産投資だし、
不動産投資を活用して
自分たちの立場を強くしていかないと
どんどん不利になるんじゃないかと思います。

特に今は
夫婦共働きの世帯が
多いと思いますから、
だからこそ世帯の属性を活用して
不動産投資をやってみても
良いんじゃないでしょうか。

 

 

何か今回は、
感情的な内容に
なっちゃいましたが、
素直にそう感じたんで
書いてみました。

私と同じように感じた事がある方は
一度不動産投資を検討してみて下さい。

 

 

それでは。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑