リノベーションよりも大切なもの

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

 

最近は新築物件が増えて
入居付けの競争が
ますます激しくなっているようですね。

そんな状況なんで、
管理会社さんからはよく
リノベーションしましょうって
感じの話を受けます。

 

理由を聞くと、
インターネットからの
問い合わせが少ないので
競合物件より目立つ使用にして
内見につなげよう
みたいな感じです。

まーその考え方は
一見すると最もな感じがするんですが、
ここで大切なのは
ホントにリノベーションしないと
内見につながらないのかってところです。

 

管理会社さんは、

ネットからの問い合わせが少ない=競合物件との差別化ができていない

って考えてますが、

競合との差別化=内見につながるのか

って視点でも考えなくちゃダメですよね。

 

どういう事かと言うと、

・ホントに競合(ライバル物件)が多いのか
・差別化(リノベーション)が必要なのか
・問い合わせが少ない原因は何か

って言うところを
徹底的に調査しないと、

問い合わせ数を増やす=リノベーションをする

って結論にはならないですから。

 

その結論を出すまでに
自分の物件があるエリアに
どんな特徴があって
どんなニーズがあるのか。

そもそも管理会社は
そのエリアが得意なのか、
近隣の仲介店を回って調査します。

その調査を徹底的にやって
結果としてリノベーションが必要であれば
やれば良いんですね。

 

まー恐らくは
ほとんどやらなくて
大丈夫なんじゃないかと思いますが。

 

問い合わせを増やすには
リノベーションするよりも
賃料を下げるとか、
設備をニーズに合わせるとか、
近隣の仲介店の協力を得る事で
ほとんど解決できると思います。

物件によっては、
そもそもネットからの問い合わせが
少ないエリアもありますから、
そんな状況も想定して
仲介店から情報を引き出さないと
ダメですよね。

結局、
何で問い合わせが少ないのかが
分からないですから。

 

やっぱり一番大切なのは
自分の物件の賃貸ニーズを把握する事だし、
募集条件をロジカルに考える事だと思います。

これが出来ないと
管理会社さんに言われるままの
対策しか出来ないですよね。

それじゃ
投資家じゃないし、
不動産賃貸業の醍醐味も
味わえないと思います。

 

急に全てを
把握できる訳じゃないですが、
現地調査やヒアリングを
1回1回丁寧にやる事で
実力がついてきます。

それまでは、
とにかく焦らずに
やっていきたいですよね。

 

今日はそんなお話です。

では。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑