無料の情報に価値はあるか

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

 

今は不動産投資の情報が
簡単に手に入るようになりましたよね。

本、セミナー、
インターネットなど
手段も豊富です。

本やセミナーなんかも
ひと昔前よりもホントに
数が増えています。

 

むしろ
いっぱい有り過ぎて
どれを選べば良いのか。

何を信じれば良いのか
分からない状況になってますよね(笑)

投資方針が定まらない人は、
情報を集めれば集める程、
方向性がブレちゃうんじゃないかなー
って思います。

 

で、今はそんな状況なんで
不動産投資に関する
色々な情報が無料で手に入ります。

インターネットが普及していなかった
10数年前には予想もできない程に。

ホントに何でも
無料で手に入るんで、
無料のセミナーに一通り出れば
基本的な知識は
ついちゃうんじゃないでしょうか。

 

その他に無料で
よくあるのが「グレーな手法」を
教えてるようなセミナーです。

特に不動産会社が主催している
セミナーに多いような気がします。

まーそれは私の主観なんで
確実では無いですが。

 

とにかく、
集めようと思えば
ある程度は
無料で集められるんです。

これってホントに
凄いことですよね。

 

考え方によっては、
お金を払って情報を手に入れる
必要がないって事ですから。

人によっては
お金を払うのが
ムダに感じると思います。

だって
同じ情報が無料と有料だったら、
誰でも無料で手に入れたいですよね。

それがフツーの感覚かもしれません。

 

でも、気を付けて
もらいたいのが、
無料の情報はあくまでも
「無料」って事なんです。

何か意味分からない事
言ってますが(笑)

 

でもそれが真実で
無料はあくまでも
「無料」なんですね。

ですから
当然その情報には
発信者の「責任」が無いんです。

だって「無料」ですからね。

 

同じ情報でも
「有料」に対して「無料」の場合は
責任が無い訳です。

良く考えると
もの凄く怖い事ですよね、、、。

 

不動産投資の情報って
使い方を間違えると、
一発でその世界から退場させられて
しまうような物もあります。

そんな情報も
「無料」で提供されているんです。

これって怖いじゃないですか。

 

それで、万が一何かあっても
「自己責任」で片づけられてしまいます。

 

別に、無料の情報が
良いとか悪いとか。

合ってるとか
間違ってるとかじゃなくて。

あくまで「無料」なんで
発信者の責任が無いんだって事を
良く理解しておく必要があります。

 

無料でも
凄く勉強になる情報もあるし、
でもその反対に
全く参考にならない情報とか。

信じてしまうと投資家として
致命的なリスクに晒される
情報もある訳ですから。

 

不動産投資は
安くても数千万円、
高いと数億円のお金を
借りて行なう事業です。

そんな事業を始めるのに
無料の情報を当てにして
投資判断を下すのは
あまりにもリスクが高いかなーっ
て思います。

 

無料の情報には価値があるが、責任が無い。

 

私はそんな風に
思いますので、
無料の情報を扱う時は
注意が必要だと思います。

 

 

それでは。

 

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑