孤独ではダメなのか

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

 

良く大家業は
孤独だって言われます。

状況を相談できる
相手がいないとか、
理解してもらえる仲間がいないとか。

そんな風に言われると思います。

 

まー今は
大家業を始める、
目指す人が増えましたから
昔よりも相談する場所や
仲間を見つけやすいかもしれません。

ネット検索すれば、
簡単に大家の会や
コミュニティが見つかりますから。

 

今は簡単に
情報や人に繋がれる
時代になりました。

それは良い事ですし、
メリットも多いと思いますが
その分「孤独に頑張る」時間が
減ったかなとも思います。

孤独に頑張るって言うのは、
独りで黙々と
不動産投資の勉強をする時間
って言う意味です。

 

ずっと独りで
やり続けるって訳じゃなくて、
基礎知識がしっかり身に付いて
自分の投資手法が固まるまでは
必要なんじゃないかと。

ひたすら本を読んだり
ひたすら教材を買ったりして
とにかく不動産投資の知識を高める。

これを
独りで行なう時間が
必要だと思うんです。

 

私も一定期間
独りで本を読んだり、
教材を買ったりして
勉強に集中していました。

その時は
いわゆる「孤独感」に襲われて、
辛いような悲しいような
不安なような
何とも言えない気持ちになりました。

 

本当に結果が出るのか、
自分には出来ないんじゃないか、
もう辞めちゃおうか。

 

何て思った事もありました。

今思っても
凄く苦しい時間だったかも
しれません。

 

ですが、
その時期があったからこそ
自分の投資手法が決まったし、
目指すべき方向が定まったと言えます。

確かに
独りで勉強している時は
苦しかったですが、
日に日に自分のレベルが
上がるのが分かったし。

その苦しさがあったから
自分の目指すべき方向が定まったんです。

 

また、
一度自分の目指す方向が定まれば、
状況や時代が変わっても
考えがブレないですよね。

私がここまで
ブレずにやってこれたのも
そのお陰です。

そして
ブレずに自分を磨いていた結果、
それまでとは違う人脈や
新しい人達と出会う事ができました。

 

きっと
自分を磨いていなければ
そんな出会いは無いし、
出会っていても
その後の仕事に繋がっていないと思います。

私にとってそれ位大切な時期でした。

 

今は簡単に
繋がれる時代になりましたが、
だからこそ「孤独」に自分を高める時期が
必要なんじゃないかと思います。

そうやって
「孤独」に頑張り続けていれば、
必ず頑張りに惹かれる人が出てくるし
違う世界に繋がってきますから。

 

自分のレベルを上げて行動した方が
レベルが上の人と出会えたり
繋がれたりすると思います。

同じように出会えても、
自分のレベルが低いと
レベルが高い相手からは
相手にされないじゃないですか。

 

せっかくの
出会いのチャンスですから、
逃さないように
確実に掴み取りたいですよね。

「孤独」はそのための
準備期間でもあると思います。

 

 

それでは。

 

孤独は辛いけど、
そんな時間も必要だなーって思う方は
ポチっとお願いします。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑