類は友を呼ぶ

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

 

タイトルの言葉は
誰もが知ってると思います。

意味を調べると、
気の合う者や似通った者同士は、
自然と寄り集まって
仲間を作るものである
って載ってましたね。

つまり、
同じ種類の人間同士で
集まりやすくなる
という訳ですよね。

 

この言葉は小さい頃に
親や親戚なんかに言われた人も、
多いんじゃないでしょうか。

「ああいう奴と友達になるな」とか
「あそこのグループと一緒に遊ぶな」とか

色々言われた人も居ると思います。

 

小さい頃は
何でそんな酷い事言うのかなー
なんて思ってたんですが、
大人になって感じたのは。

「案外当たってるなー」

って事です。

 

サラリーマンをしていた頃には
そこまで意識しなかったんですが、
スカイプ相談やメール相談をしている中で
気付かされました。

 

これまで色々な方と
お話させて頂きましたが。

不動産投資を

「簡単に儲かる、楽して儲かる」

って感じで考えている方は
業者さんから紹介されて、
簡単に買ってしまっている事が多いです。

やっぱり、業者さんの
「簡単に」とか「楽して」とかって言葉に、
惹きつけられちゃうんだと思います。

 

また、
「グレーな手法」にフォーカス
しているような方も同様で。

そんな方はやっぱり
「グレーな手法」を進める業者さんから
「グレーな手法」で買ってしまっているんです。

 

それまでは
偶然なのかなーって
思っていたんですが、
結構な割合で話を聞くんで
やっぱり「類は友を呼ぶ」って
本当なんだなーって感じたんです。

偶然にしては割合が多いんで、
改めて普段から
自分が思っている事、
フォーカスしている事って
大切なんだと思わされました。

 

もちろん、
真面目に考えて頑張っていたけど
投資方針が固まらなくて。

迷った結果、規模の拡大に
つながらない物件を
買ってしまった方も居ましたが。

こんな方は
もともと真面目な方なんで、
投資手法の修正が利くような段階で
私の所に相談に来てくれました。

 

それで、
楽して買った方とか
グレーな手法で買った方に
共通するのは、
買ってはいけない価格で
買ってはいけない手法を使って
買っているって事でした。

このパターンになると
その後の修正も難しい場合も多いし、
下手をすると破綻する可能性もあります。

 

そんな事に
なってしまったら、
何のために不動産投資を始めたのか
分からなくなってしまいますよね。

ですから、
そんな物件を紹介するような
業者さんを呼び込まないためにも、
普段から自分の考えている事に
注意を向けておく必要があります。

 

案外、自分の思っている事や
感じている事って気付かないので、
このタイミングで一度
見つめ直してみるのも良いと思います。

そんな私も
せっかくなんで、
早速やってみたいです(笑)

 

それでは。

 

 

最後まで読んだついでに、
ポチッとお願いします

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑