塩対応の仲介店

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

 

先日の現地調査での話です。

そこでは9社に
ヒアリングしたと、
前に書きましたよね。

そのうちの1社が
塩対応だったんで、
その時の事を書きますね。

 

そこは
ヒアリングして4社目の
地元の不動産屋さんでした。

マンションの1階に
お店を構えていて、
入る前の印象としては
綺麗で入り易い感じ。

昔ながらの
古い不動産屋さんって
感じじゃ無かったんです。

 

それで
早速お店に入ってみると、
お客さんは居なくて、
奧に従業員らしき女性が居ました。

早速話しかけてみると。

 

私「こんにちは。少しよろしいですか?」

 

女性「はい。お部屋探しですか?」

 

私「いいえ。大家をしている○○と言います。」
「今△△のエリアでマンションを買おうと思ってまして、
家賃相場とか教えて頂きたいんですが、お時間大丈夫ですか?」

 

女性「△△のエリアって言うとどんな物件?管理は何処がしてるの?」

 

私「はい。管理は××さんがされています。」

 

女性「それなら××さんに聞けばいいじゃない。」

 

私「確かにそうなんですが(汗)
いつも近隣の仲介店さんからもお話を聞いているんですよ。」

 

女性「へー。でも、仲介店の言う事なんてどこも一緒だと思いますよ。」

 

私「、、、、。それでも少しお話聞かせて頂けませんか?」

 

女性「あーそう。分かった。そしたら、聞きたい事聞いて頂戴。はいどうぞ!」

 

私「、、、、。では、、、、。」

 

こんな感じで
何とも冷たいんです(笑)

「聞いて頂戴」って言われて、
何か取り調べを
受けているような雰囲気で、
聞くはめになりました。

 

それでも一応
聞いた事には答えてくれるんですが、
その返答がまー淡白な事。

全く私に対して
良い返答をしようとは
思ってくれてないんですね。

 

そのまま話を
色々聞いていくうちに、
その女性が社長の奥さんだって言う事、
社長は賃貸の他に売買にも詳しい事が分かり
今度は社長に話を聞いてみようと思いました。

そこで、

私「それで、今日は社長さんはいらっしゃいますか?」

 

女性「もうすぐ帰ってくるんじゃない?」
  「あの人の予定は分からないから」
  「社長に会いたいならアポイント取ってから来ると良いわよ」

 

私「、、、。分かりました。ご丁寧にありがとうございます。」
「そしたら、今度はアポイント取ってから来ますね。」

 

こんな感じで
アポイント取る事を教わりました(笑)

とにかくこの女性は、
サバサバしてると言うか
全く丁寧に対応してくれませんでした。

 

まーいわゆる塩対応ってヤツですね。

 

特に、お客さんが居て
忙しいって訳じゃ無かったんですが、、、。

 

 

それでも
何とか社長と話をしたかったので、
諦めずに「アポイント」を
とる事にしました。

 

なんだかんだ
結構長くなりましたので、
続きはまた次回に書きますね。

 

それでは。

 

 

塩対応に合った事がある方は
ポチッとお願いします(笑)

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑