自分の強みを理解する

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

 

分かってるつもりで
意外と分かっていないのが、
「自分の強み」です。

不動産投資を始める上で
どんな強みがあるのか、
理解していない人が多いです。

 

で、例えば
どんな強みがあるかと言うと。

分かり易い項目だと、
年収が高い、自己資金が多い、
なんてところだと思います。

この辺りは
イメージし易いですよね。

 

じゃあ、
この項目以外に
不動産投資で使える強みが
無いのかと言えば、
それは違います。

年収とか
自己資金以外にも、例えば。

営業職で日中も
時間が自由に使えるとか、
不動産屋さん回りが得意とか、
相手との交渉が得意とか。

こんな感じで
それぞれの人の強みって
あると思うんです。

 

私の場合は
工夫すれば定時で帰れた事、
休みがシフト制で
平日も休みが取れた事が
大きな強みでした。

定時で帰れれば、
平日でも3時間は
不動産投資の勉強が出来ますし、
平日に休みが取れれば
銀行を回ったり出来ますから。

 

逆に言えば、
この強みを生かして
どんな工夫をすれば
自分が買えるようになるのか。

他の投資家より
有利に行動出来るのかを
考えていた訳です。

この自分の強みを
突き詰めて行動してきた結果が、
3年間の投資規模拡大に
つながったんじゃないかと思います。

 

それで、
私と同じように
皆さんにも独自の強みって
あると思うんです。

もちろん、年収の高い方や
自己資金が豊富な方は
それが一番の強みになりますから、
それを最大限活かせる
投資手法を使えばいいんです。

 

さらに、
そこに他の項目も
強みとして使えれば。

もともとの年収の高さ、
自己資金の豊富さに加えて
より有利な状況で
投資が出来ると思います。

 

得てして、
年収の高い方は
不動産投資の時間が
取れなかったり、
忙しかったりするので
強みのようで弱みだったりも
するんですが。

でも、見方によっては
強みも弱みになるし、
弱みも強みになると思うんです。

 

要するに大事な事は、

 

自分の強みを自分で理解している

 

って事なんですよね。

 

もともと
強みを持っている人は
その強みを増やすように、
強みが無いなーって思ってる人は
何か見つけるように
工夫してみて下さい。

自分だけの
強みが見つかれば、
それも投資戦略を練る上での
重要なピースになりますから。

 

 

それでは。

 

 

 

自分の強みを探してみよう!
って思った方はポチッとお願いします。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑