融資担当者さんとの別れ

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

 

実は私の融資を
担当してくれていた営業マンが
転勤になります。

この方とは
本格的に1棟物を
買い始めた時からの付き合いで、
栃木の2棟一括や群馬の案件など
この3年半の間に5棟融資してもらいました。

 

3年半前と言うと
私もまだまだ投資家として
実績が無い時期で、
とにかく知識を付けたり
現地調査に行ったりしていました。

そんな時に、
最初の物件を
融資してくれたのがこの方で、
それからも案件が出るたびに
どうやって稟議を通すか、
相談をしていたのを思い出します。

 

今思い出しても懐かしいですし、
良く考えるとこの方には
ホントにお世話になりました。

私の担当になった頃は、
知らない土地に異動になって
右も左も分からない状態で、
かなり苦労されたと
言ってましたから。

 

それでも
年齢も若かったですし、
融資に対する熱意と言うか
融資額を増やしたいって思いが、
強かったと思います。

そのおかげと言いますか、
私もずいぶん融資して頂いたので
それが今の投資規模になる
ベースになりました。

 

それで、引継ぎや
最後のあいさつを兼ねて
昨日自宅に来て下さったんですが。

これまでの話とかで
色々盛り上がりました(笑)

彼女の所へ行く途中で
私の物件の前の道を通っていた話とか、
その他もろもろ出てきましたねー。

 

それで最後に
今後の配属先を話してくれたんですが、
どうやら新しい支店に
配属される事になったみたいで、
「栄転できました!」って
言ってもらえました。

それを聞いて
ホントに嬉しかったですし、
逆に私こそ、この方のおかげで
今の投資規模になっていますから。

こちらこそって感じですよね。

 

結局は私への融資額や
その実績が結構評価されたようで、
うまく栄転につながったみたいですね。

私は物件が買えて嬉しくて、
融資担当者さんは評価につながって嬉しい。

やっぱり
融資担当者さんとは
こんな関係でいたいですよね。

 

投資家が
良い物件を持ち込んで
融資してもらう事で、
投資家の実績になるし
同じようにそれを融資した
担当者さんの実績にもなる。

 

という事は
投資家が良い物件を
持ち込めば持ち込むほど
担当者さんにとって
良い実績になる訳ですよね。

それで結果的に、
その担当者さんが
良い評価を受けて栄転していく。

こんな風に付き合えたら
お互いが幸せですよね。

 

今回の件で
不動産投資をやっていくと、
やり方次第では
こんな風に相手を幸せにできるんだなと
再確認しました。

そして、
やっぱり不動産投資って
素晴らしい事業だなって思います。

こんな素晴らしい
事業に取り組めて、
ホントに幸せです。

 

来週からは
新しい担当者さんになるので、
また次の方とも良い関係を
築いていきたいと思います。

次の方も栄転させる勢いで
物件を持ち込みたいですね(笑)

 

それでは。

 

 

お互いが幸せになるような
物件の買い方をしたいなって方は
ポチッとお願いします。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑