不動産投資はゼロサムゲーム

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

 

よく投資では
ゼロサムゲームなんて
言葉を聞きますよね。

調べたところでは、

「複数の人が相互に影響し合う状況の中で、
全員の利得の総和が常にゼロになる」

というものです。

 

さらに言うと、
参加者が2名だった場合
どちらか一方が必ず勝者となり、
もう一方が必ず敗者になるような
ものだとあります。

例を挙げると、
投資では株、日常ではオセロ、
将棋なんかのゲームがそれです。

まー専門じゃないんで、
説明はこの辺にしますが(笑)

 

で、この関係性を考えてみると
不動産投資も同じような状況だと
言えますよね。

物件を安く購入しようとすれば
購入者側(投資家側)は勝ちで、
売主さんは負けって考えられますから。

 

ですから、
私たち投資家が
物件を安く買おうとする行為って、
相手を負かそうとする
行為なんですよね。

特に
とにかく儲けよう、
相手より得をしようって
考えていると、
この関係性が顕著に
なるんじゃないかと思います。

利益を追求した結果、
とことん相手が負けるまで
価格交渉や条件交渉なんかを
考えちゃうんです。

 

もちろん
不動産投資は
儲けてナンボの事業ですから、
自分の利益を最大化するって事は
大切だと思います。

ですが、とことん
自分の利益を追求しちゃうと
不動産投資がゼロサムゲームに
なっちゃうんですよ。

 

私は不動産投資は
ゼロサムゲームとは思って無くて。

自分の利益を
追求するのはもちろん、
相手(売主さんや仲介さん)の利益も
考えていく事が
大切だと思っています。

 

一見すると
利益相反の関係ですが、
状況を理解すれば
お互いが利益を得られる
取り引きも可能なんです。

 

どういう事か
分かりやすくする為に、
例を挙げます。

私がこれまでに
購入した物件のうち、
3つの物件に売主さんの
親族が住んでいました。

私が購入する前から
住んでいたんですが、
親族って事もあり
家賃を安くしてるんです。

相場の数千円、
中には1万円以上も
安いんですね(汗)

 

それで、
私が購入した後で
どうしたかと言うと。

そのまま
住み続けてもらっています(笑)

 

何でかって言うと、
その方が売り主さんが
助かるかなーって
思ったからです。

単純なんですが。

 

でも、
親族を住まわせるのって
何か金銭的な理由があるだろうし。

その辺の事情も
何となく購入前には
聞くようにしてます。

 

結果的には
どの売り主さんからも
喜ばれていますし、
担当の仲介さんからも
喜ばれています(笑)

通常なら
収益性を考えると
退去してもらったり、
現状回復費用は
売り主さん持ちだったり
するじゃないですか。

 

それが、
そんな話にならないんで、
売り主さんも仲介さんも喜ぶんです。

それに、
状況を理解してくれる人が
買ってくれると
売り主さんも仲介さんを
褒めるんですね。

だから仲介さんの評判も
良くなるんです。

 

もちろん、
それに引き換えて
物件価格を下げてもらったり、
私からの条件を
飲んでもらう事もあります。

それでも
売り主さんも
仲介さんも私も嬉しい、
全員が利益を得られる関係性を
作る事が出来ました!

 

こんな風に考えれば、
不動産投資って
決してゼロサムゲームじゃないし。

そんな取り引きにしない方が
たくさんの人が
幸せになれるんじゃないかなー
って思います。

 

まー甘い考えかも
しれませんが、
私はこんな感じの取引が
したいんですよね。

やっぱりその方が
気持ちいいじゃないですか。

 

 

それでは。

 

 

相手の状況を
理解した取り引きの方が、
「気持ちいいな~」って人は
ポチッとお願いします。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑