相手がプロかどうかを見極めるポイント

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

 

昨日は、
物件管理の担当者さんが
プロだって話を
したと思います。

今日はその続きです。

 

物件を運営していく上で、
自分がプロであれば
相手もプロである事が望ましいですが、
どう見極めるかが難しいと思います。

 

例えば
対応が丁寧とか、

親切とか、
いつも笑顔とか。

他にも要素が
あると思いますが。

こんな風に皆さんが
イメージするポイントって
色々ありますよね。

 

それで、
もちろん上記のポイントも
大切なんですが、
私が一番大切にしているのは

「相手のために動けるかどうか」

です。

これは
入居者さんに対しても
オーナーに対しても
職場の仲間に対しても
当てはまります。

 

私の場合は
相手がいくら
対応が丁寧でも、
親切でも、笑顔でも。

相手のために動けない方は
本当のプロだと思いません。

 

本当のプロなら、
入居者さんのために
オーナーのために
職場の仲間のために
良い仕事や
提案ができると思うんです。

それも、考えずに
自然とそんな提案が
できるんですね。

 

中には
いくら丁寧でも、
親切でも、笑顔でも、
全然相手のためにならない
仕事や提案をしてくる方も居ます。

もちろん、その方が
ダメではないんですが、
私の仕事の仕方とは
合わないんですね。

ですから
表面上だけ丁寧な人とか、
親切な人とか
笑顔な人は苦手です(汗)

 

やっぱり、
相手のために

「自然と」

良い仕事ができたり
提案ができたりする人が
良いですよね(笑)

 

ちなみに、茨城の
物件管理の担当者さんは

「自然と」

物件を綺麗に保つ事ができます。

私が見に行っても行かなくても
常にレベルの高い状態を
保ってくれるんです。

それ位のレベルに
保ってくれるんで、
去年から何度も行ってますが
ほとんど物件を見に行ってません。

 

あんまり見に行かないと
担当者さんに失礼なので、
先週行った時は物件を見に行きましたが。

予想以上に綺麗に保たれていたので、
やっぱり行く必要が無かったです(笑)

 

そんな訳で、
帰りの車の中で
その担当者さんに

「いつも綺麗なのでもう絶対見にきませんからね(笑)」

って言っておきました。

 

これって
私からすると、
究極の信頼の証なんですよ。

その言葉を
何のためらいも無く言える位、
プロの仕事をしてもらっています。

 

ちなみに、
この担当者さんの
管理する物件は、
仲間の営業マンからも
信頼されています。

 

どの物件も、
部屋がいつも綺麗に
保たれていますから。

案内に行くのに
全く不安が無いんで
もの凄く評判なんです。

 

この話を聞いただけでも、
いかにこの担当者さんが
プロかが分かると思います。

 

「相手のために動けるかどうか」

 

これが
私の感じるポイントなので、
良かったら参考にして下さいね。

 

 

 

それでは。

 

 

 

相手のために
動ける人って良いよね!
って思う方は
ポチッとお願いします。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑