苦しくならないように買っていく

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

 

不動産投資の良いところに、
一旦経営が軌道に乗れば
比較的時間が自由になるっていう
特徴があります。

これは、
不動産投資が
ほぼ全ての業務を
外注できるからです。

ここまで
外注のシステムが
整っている事業は、
他にはそう無いんじゃ
ないでしょうか。

 

それで、
その特徴を考えた時に、
やり方によっては
凄く勿体ないなーって
場合があります。

 

どんな場合か、と言うと。

 

とにかく
短期に買い進めよう
とする時です。

 

今は短期に
買い進める事って、
属性や金融資産によっては
可能なんですが、
その分不動産投資が持っている
本来の特徴が失われるんです。

買えば買うほど、
経営を軌道に乗せるまでの
労力が重なるし、
時間が取られちゃいます。

本来は
ほとんどの業務が
外注できて、
時間が作れる事業なのに
それじゃ本末転倒ですよね。

 

しかも、
たくさん買えるのって
一旦味わうと、
買えない事に耐えられなく
なってきます。

そうすると、
常に買って無いと
満たされなくなるんですね。

こうなっちゃうと、
常に買おうとしますから、
常に新しい物件の経営を
考えなければいけなくなります。

 

どんな人でも
そうだと思いますが、
不動産投資を始める理由って
経済的な自由とか、
時間的な自由を
手に入れるためじゃないですか。

それなのに、
買えば買うほど、
時間的に不自由に
なっていくんです。

 

もちろん、
物理的な時間は
それほどかからないでしょ!
って思う方も居ると思いますが、
実際は脳のメモリーが取られるんで
パフォーマンスは落ちるんですね。

 

不動産投資は
経済的な自由とか、
時間的な自由を
獲得するための手段です。

本来は手段なのに、
短期に買い進めていく事、
とにかく買うことだけに
フォーカスしちゃうと
勿体ないんじゃないのかなー
って思うんです。

 

ホントに勿体ないし、
なんか不動産投資が
苦しくなっちゃいますよね。

どうせなら、
不動産投資で経済的な自由とか
時間的な自由を手に入れて、
何にも気にせずに
家族とゆっくり過ごしたい
じゃないですか。

そのためにも、
苦しくならないように
買っていきたいですよね。

 

もちろん、
買う事=不動産投資の目標とか
楽しみって方はそれで良いので、
気にしないで下さいね。

 

その場合は苦しくならないので。

 

あくまでも
私の不動産投資に対する
スタンスですから。

 

 

それでは。

 

 

 

 

最後まで読んだついでに
ポチッとお願いします。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑