他人と比べても意味が無い

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

 

不動産投資の世界でも、
サラリーマンの世界でも、
どの世界でもある事なんですが。

何でも他人と
比べてしまいがちですよね。

 

不動産投資なら
投資規模とか、家賃年収とか、
サラリーマンの世界では
役職とか年収とかを
比べがちだと思います。

どうしても、
他人の状況とか
成績って気になるし、
私も他の方の投資規模とか
所有棟数って
気になっていました。

「気にしないぞ!」と思っていても、
やっぱり気になっちゃうんですよね。

 

それで、
そんな私が今は
他人の成績が気にならなく
なったんですが、
それはサラリーマンを
退職してからです。

 

何で気にならなく
なったのかは
はっきりしないんですが、
それまでの私はきっと
他人と競争して不動産投資を
やっていたんだと思います。

ですから、
とにかく他人が気になるし、
いかに他人より良い物件を買うか、
投資規模が大きくなるかを
考えていたと思います。

 

でも、
退職してから
気付いたんですが、
世の中の物件って
私1人で全部
買えないんですよね(笑)

それまでは
ドンドン物件を買って、
ひたすら買い続ける
イメージだったんですけど、
実際は私1人で買える数って
限界があるんですよ。

まー当たり前の話なんですけど(笑)

買う事にフォーカスしてたり、
投資規模を拡大する事だけに
フォーカスしている時は
全く気付かないんです。

 

もちろん、
私がこれから
投資規模の拡大を、
目指さない訳では
ないですよ。

それでも、
自分の投資規模の拡大だけに
フォーカスするんじゃなくて、
もっと違う所にも
フォーカスしたいなと思っています。

 

それで
何だかんだ言って、
結局何が言いたいのか、と言うと(笑)

自分1人の力には
限界があるし、他人と比べて
不動産投資をやっても、
楽しくできないんじゃ
ないかって事なんです。

 

良く考えると
当たり前の事なんですが、
これってやっぱり
なかなか気付かないし、
普段から競争の社会で生活してますから
それが当たり前に
なっちゃってるんですよね。

もちろん、
全く競争しないで
良い物件って買えないんですけど、
競争だけしている状態って言うのも
良くないのかなって思います。

 

競争だけしている
状態にならないためには、
投資目標とか不動産投資で
どうなりたいのかを、
しっかり考えておく事が
大切になります。

他人より上を行くとか、
他人より大きくなる事が
目標になってしまうと、
永遠に他人と比べる人生を
送らないといけないですよね。

 

でも、実際に
自分の人生を
送っているのは自分だし、
主になるのは自分なんですね。

ですから、
他人との競争に捉われず
楽しく不動産投資に
取り組んで
もらえたらなと思います。

 

 

それでは。

 

 

 

やっぱり不動産投資は
楽しくやりたいね!って方は
ポチッとお願いします。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑