受け入れがたい指摘

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

 

人から
アドバイスを受ける時に
厄介なのが、

「受け入れがたい指摘」

を受けた時です。

アドバイスをもらう方が
予想している範疇の内容であれば、
まだ違うんですが。

時には、
全く予想もしてない内容の
指摘を受ける事があります。

どんな指摘があるかと言うと。

 

例えば、
せっかく苦労して
手に入れた物件に対して、
すぐに売却した方が
良いですよって指摘です。

で、こんな指摘をする場合
指摘する理由もちゃんとあって、
アドバイスをもらう方の
投資方針、目指す投資規模、
投資スピードを総合的に
判断した結果なんですね。

 

ですから、
別にその方が失敗してるとか、
ダメと言う事を
指摘している訳では
ないんですが。

指摘された方からすると、
苦労して手に入れた物件について
あれこれ言われると
気持ち良い感じはしないですよね。

 

その結果、
受け入れがたい指摘に
なってしまう事も
あるんです。

まー確かに、
受け入れがたい指摘って
誰でも嫌ですが、やっぱりそこも
感情で反応するんじゃなくて、
ロジカルに反応したいですよね。

 

では、ロジカルに
反応するためには、
どうすれば良いのかと言うと。

 

シンプルな考え方があって、

ズバリ、

「これまでの自分に問題が無ければ、
既に目標の投資規模になっているはずだ!」

と考える事です。

 

つまり、
これまでの自分の考え方、
やり方、行動パターンに
問題が無ければ、
既に目標の投資規模に
なっているはずなんです。

でも、
そうじゃないとしたら、
自分の考え方、やり方、
行動パターンが
目標に合致してないんですね。

 

凄くシンプルなんですが、
ここをちゃんと理解して
受け入れられる人って、
意外と少ないです。

ともすると、
今までの自分を

「否定」

する事にもなりますから。

どうしても、

「受け入れがたい指摘」

になるんですね。

 

それで、この指摘を
どう捉えるかが大切で、
受け入れがたいと言う事は。

受け入れれば
今までの考え方、やり方、
行動パターンを
変えるきっかけになるんです。

ですから、
受け入れがたい指摘こそ
受け入れて、
自分を成長させて
いきたいですよね。

 

もちろん、
指摘してもらう相手を
しっかり選ばないと、
良い意味での成長につながらないので
その辺の区別は
必要になりますが。

自分の目標とする人や
投資規模、投資手法を
使っている人から「指摘」されたら、
それを受け入れない理由なんて
無いですよね。

 

自分を何も変えずに、
目指す投資規模だけ
手に入れたいと思っても、
それは辻褄が合わないです。

やっぱり、
自分が目指したい姿や
世界がどんなものか、
冷静に考える必要があります。

どうせなら、
今までに見たことの無い世界を
見れるように
なりたいじゃないですか。

 

 

それでは。

 

 

 

見たことの無い
世界を見てみたいぜ!
って方はポチッと
お願いします。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑