不動産投資の先頭集団にいると思う事が大切

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

 

どんな人でもそうなんですが、
不動産投資を始める前は
まだ何も持って無いですよね。

文字通り
投資を始めていないので、
不動産は持ってないですし
スタートラインにずっと立っている、
そんなイメージだと思います。

 

ですから、一刻も早く
スタートを切って、
不動産投資って言う
レースを始めたいんですが、
その早く始めたいって言う気持ちが
クセモノなんですね。

不動産投資と言う
レースですから、
ゴールするためには
とにかくスタートしなければ、
始まりません。

早くゴールしたい人ほど、
誰よりも早く
スタートしたいでしょうし、
スタートしたら
出来るだけ短時間で
ゴールしたいはずです。

 

そう考えると、
どうしても早く
不動産を買いたいですし、
出来るだけ大きく
買いたくなるんですよね。

特に、周りがみんな
スタートしていると思うと、
余計に焦って
とにかくスタートしたく
なるんです。

 

でも、
そんな風に焦って
不動産投資を
スタートさせても、
決してうまくいきません。

通常は、不動産を買えば
先に走っている人よりも
前に出られる訳ですが、
そんな気持ちで物件を買うと
逆に遅くなっちゃいます。

焦って買った場合、
大抵は投資スピードを
遅くさせる物件の事が
多いんですね。

 

せっかくスタート出来る、
投資を加速出来ると思っても、
実際はその逆で
投資スピードを遅く
させちゃうんです。

投資スピードが
遅くなるだけなら、
まだ良いんですが。

最悪の場合、
スタート地点から
マイナスの方向に
走り始めちゃう
ケースもあります。

 

こんなケースの場合は、
投資スピードが加速するどころか
どんどん先頭集団から
離されていっちゃいますよね。

特にそれが、
属性の良い人や
金融資産の多い人だった場合、
ホントに勿体ない
状況になってしまいます。

 

何故なら、
そんな人たちは
何もしなくても既に、
不動産投資の
先頭集団にいるからです。

特に焦って買わなくても、
常に先頭集団で
走り続けている状況なんですね。

ですから、
ちゃんと知識をつけて
不動産投資を進めていけば、
絶対に良い物件が買えるんです。

 

でも、
買える状況の人は
どうしても
すぐに買っちゃいます。

それも、
良くない物件を買って、
先頭集団から
いきなりビリになったり、
スタート地点から
マイナスの方向に進んだり
しちゃうんです。

これがホントに
勿体ないんですよね、、、。

 

とにかく、
属性の良い人や
自己資金の多い人は

自分は

「不動産投資の先頭集団にいるんだ」

と思うようにして下さい。

例え、不動産を
1棟も持っていなくても、
そんな風に信じて下さい。

それがまずは、
投資スピードを
落とさないための秘訣です。

 

もちろん、
属性や自己資金が
足りない人も同じで、
今すぐに買えなくても
焦って買わなければ
必ずチャンスは来るわけです。

知識に投資しない
属性の良い人や、
自己資金の多い人が、焦って
投資スピードを遅くする物件を
買っていくんですから。

 

こう考えると誰でも、

自分は

「不動産投資の先頭集団にいるんだ」

と思えるはずです。

 

こんな風に思えるだけで、
不思議と焦らずに
不動産投資に取り組めると
思いますよ。

不動産投資で焦っても、
意味が無いんだと
感じてもらえたらなと思います。

 

 

それでは。

 

 

 

なんだ、自分も
先頭集団にいたんじゃん!
って感じた方は
ポチッとお願いします。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑