目の前しか見えない人

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

 

先週末に、
近所のドラッグストアへ
買い物に行った時の、
話なんですが。

そこは週末になると
セールスをしたり、
ポイントがお得になるんで
いつも混むんですね。

お昼頃に行くと、
駐車場がいっぱいになって
入れない状態に
なる事もあります。

 

で、この間は
まさにそんな状態で、
私たちが入ろうとしたら
中で他の車が駐車スペースの
空き待ちをしている状態でした。

そんな状態なんで
私たちは駐車場が空くまで
入らずに待ってたんですが、
別の出入り口から
他の車が入ってくるんですね。

 

しかも
かなり強引に入ってくるんで、
もともと駐車スペースの
空き待ちをしている車と、
買い物が終わって
出る車の邪魔になって、

3者とも身動きがとれない状態に
なってるんです。

結局、
その3者で四苦八苦しながら、
何とかスペースの
やり繰りをしてました。

 

冷静に状況を見れれば、
強引に駐車場に入っても
スペースが無い事や、
立ち往生しちゃう事が分かるんですが、
自分が入ることしか見えてないと
こんな状態になっちゃうんですね。

まさにタイトルのように、
「目の前しか見えない人」に
なってるんです。

 

少し自分が入らずに待てば、
定期的に買い物客の出入りがありますから
必ず駐車スペースってできます。

その方が
出る人も入る人も楽だし、
スムーズですよね。

変なストレスを
受けずに済むと思うんです。

 

ですから
目の前の事だけじゃなくて、
ちゃんと先を見通して
行動した方が楽なんですね。

でも、
なかなかそこまで
見えている人って、
少ない気がします。

 

それで、
これって不動産投資にも
同じ事が言えて、
目の前の事しか見えない人だと
目の前の物件を買う事しか
見えないんです。

その物件を買った後にどうなるか、
その物件を買う事でどうなるのかが、
見えて無いんですね。

 

こんな状態で買っちゃうと、
目の前の物件を買うために
目の前の銀行を使っちゃうし、
とにかく行き当たりばったりに
なっちゃいます。

それこそ
何の戦略も無く、
とりあえず買うって感じに
なっちゃうんです。

すると当然、
あっと言う間に行き詰って
融資を受けて
買い増しできなくなります。

 

やっぱり、
目標の投資規模になるには、
目の前の事を見るんじゃなくて
目標から逆算して、
目の前の事を見ないとダメですよね。

同じ目の前の事を見ていても
目標から逆算して見てるのか、
そうじゃないのかでは
全く状況が違います。

 

不動産投資の場合は、
長期的な目標から逆算して
戦略を持って買い進めて行かないと、
絶対に目標の投資規模には
届きません。

ついつい、
日常生活でも不動産投資でも
目の前の事に捉われがちですが、
自分が目指したい目標や
方向性を明確にして、
先を見据えながら
行動していきたいですよね。

 

 

それでは。

 

 

更新の励みになりますので、
応援クリックお願いします。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑