待つのも投資戦略

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

 

勉強会の参加者さんから
相談を受けた事なんですが、
その方は最近物件を買ったので
今後の投資方針について
相談されたんです。

その方は、
今回買われた物件で
既に数棟持っていて、
今後も買い増ししていきたい
考えなんですが、
自己資金が足りないので
どう買い進めたらいいのか、
方法を聞いてきたんですね。

 

で、その方が
考えていた事は、
効率よく物件を買っていくために
自己資金を使わずに
買う方法を何とか見つけようと
されていました。

ですから
どうしても考えが

「自己資金を使わないで買う」

って言う事だけに
フォーカスしてたんです。

 

こんな風に
買う事だけにフォーカスすると、
実はあまり良くありません。

何が良くないかと言うと。

 

とにかく

「自己資金を使わないで買う」事が

目的になるからです。

何としてでも
自己資金を使わずに買おうとか、
どうやったら自己資金を
使わないで済むかとか、
こんな所にフォーカスしていきます。

するとどうなるかと言うと。

 

最終的には
グレーな手法を使ってでも、
とにかく買おうと
しちゃうんですね。

ですが、
結局グレーな手法で買っちゃうと
後が続かないんです。

その場しのぎの
手法になっちゃうんですね。

 

冷静に考えれば、
この方は既に数棟持っていますから、
例えすぐに次が買えなくても
状況はプラスになっていきます。

だって物件からの
キャッシュフローが
入ってきますから。

 

ここを
しっかりと考えられれば、
今使える自己資金が少ないのなら、
あえて「買わない」事も
戦略になるんです。

買わない戦略、
つまり「待つ」事が
戦略なんですね。

 

もちろん
使える自己資金があるのに、
今は待ちの相場とか言う理由で
待つのは戦略じゃないんですが。

自分の状況を理解した上で、かつ
今後の投資戦略上待った方が良い方は
「待つ」事が戦略になるんです。

 

自己資金が回復するまで、
例えば1年間かかったとすると
凄く投資スピードが
遅くなると思う方がいるんですけど。

「待つ」って言うのも
ただ待つんじゃなくて、
自己資金が回復するまでに
今後の戦略に必要な知識に投資したり、
現地調査やヒアリングの精度を上げたり、
やる事はたくさんあるんですね。

 

こんな風に
投資家としての力を磨いておけば、
自己資金の回復と共に
投資スピードも加速します。

不動産投資家の仕事は
「買う」事だと思いがちですが、
買うために何を準備するか
どう戦略を練るかが、
ホントの仕事なんじゃ
ないかと思います。

 

そんな訳で、
今買えるのか、買えないのかは
しっかり自分で
把握していきたいですよね。

 

 

それでは。

 

 

 

買うだけが投資戦略じゃない!
って思った方はポチッとお願いします。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑