ブレている時点で経営者としては失格です

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

 

投資相談をしていて多いのが、
自分の軸が無くて
投資方針がブレてしまっている人です。

こんな人の特徴としては、
とにかく情報を集めている
って事が挙げられます。

 

それもブログとか、
メルマガとかありとあらゆる
「無料の情報」を集めているんですね。

で、その結果、
投資方針がブレちゃってるんです。

 

今はホントに
不動産投資に関する
情報が多いですし、

色々な人が色々な手法で
成功されています。

ですから
簡単に言うと、
どんな方法でも
成功するんですね。

 

もちろん
誰でもって訳では無いんで、
そこは誤解して
欲しくないんですが、
ひとつの方法だけしか
成功しない訳じゃないんです。

ただ、
注意しなくちゃいけないのが
学んでいる投資手法やスタイルが
自分の目指す投資規模、
投資スタイルに
つながるかって事なんです。

結局、色々な方法で
成功している人が居るって事は、
色々な投資手法、スタイルがある訳で
それが自分の目指す先に
つながっているかなんですね。

 

具体的な例を挙げると、
私のように継続的に融資を受けて
物件を買い増ししていきたい
と考えている人が、
新築木造物件とか耐用年数オーバーの
土地値物件を買っちゃいけないんです。

で、ここで
思考停止して欲しくないのは、
別に新築木造がダメだとか、
耐用年数オーバーの土地値物件がダメだとか
その手法自体を
否定している訳ではないんですね。

継続的に融資を受けて
買い増ししていきたい、
と言う観点においては
上記の方法を取ると
買い増ししていけなくなるから、
ダメですよって言ってるんです。

なので、
ある程度の規模になったら
物件を買わない人とか、
そもそも現金で買っていく人なら
何の問題も無いんです。

 

でも、自分の目指す
投資規模やスタイルが、
明確にできていない人は
この区別ができないんです。

だから
色々な情報を、
とにかく集めちゃうんですね。

 

それで、結局
投資方針がブレちゃって、
気が付いたら本来目指している
方向とは違う事をやってるんです。

ホントに
このパターンが
多いんですよね(汗)

 

こんなパターンに
嵌らないためには、
やっぱり自分の軸が必要だし
自分の力を磨くのが先ですよね。

自分の力が足りないから
人の意見に左右される訳で、
その時点で
経営者としては致命的です。

 

不動産投資の場合は、

 

ブレている時点で経営者失格なんだ

 

って考えてもらえると
自分に足りないものが
見えてくると思います。

 

不動産を買えば
経営者になれる訳じゃなくて、
不動産を買えるように
自分が経営者にならなくちゃ
いけないですよね。

こう考えれば、
経営者としての
マインドセットの重要性も、
分かってくるんじゃ
ないでしょうか。

 

 

それでは。

 

 

自分もブレずに経営者になるぞ!
って思った方は
ポチッとお願いします。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑