色々な投資手法がありますが

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

 

不動産投資の勉強を
一生懸命やっている方は
分かると思うんですが、
投資手法って色々ありますよね。

いったい
どれを選んだら良いのかって
なかなかピンとこなかったり。

どれも
上手くいきそうだったりして、
はっきりこれだと
決められないかもしれません。

 

特に私たち
日本人の場合は、
リスクに対して
過敏になりがちなんで。

投資手法を選ぶ基準も
リスクの低いものを
自然と選ぶ傾向にあると思います。

 

大きな借り入れは
リスクだから現金買いしようとか、
東京以外は人口が減るから
東京にしようとか、
中古はリスクだから
新築にしようとか、

こんな感じで選んでいますよね。

 

もちろん、この考えは
合っていると思いますし、
こんな風に考えて
リスクテイクするのも良いと思います。

ただ、

リスク=危ない

と決めつけてしまうと
そこから踏み込んで
考えなくなってしまうので
注意が必要です。

 

特に、一般的に
言われているリスクを
真に受けると、
思考停止してしまいます。

借り入れとか、人口減少とか
中古物件のリスクは
皆さんも知っていると思いますが、
これってマクロ的には合っていても、
ミクロ的に全て合ってるとは限りません。

借り入れして
買って良い物件もあるし、
東京以外で買って良い
物件もあるし、
中古でも買って良い物件は
あるんです。

 

でも、実際は
ほとんどの方が
これを考えようとしません。

なぜなら、
リスクを考えない方が
楽だからです。

まー、やっぱり
めんどくさいですからね(笑)

 

ですが、
自分でリスクを
考えようとしないで、
マクロ的に言われている事だけを
信じてしまうと、
それもまたリスクです。

リスクがないように思わせて、
買う方には表面的には見えない、
分からないリスクのある物件を
紹介する業者さんもいますから。

 

誤解を招かないように言うと、
業者さん自身もそのリスクに
気付いてない場合もあります(汗)

とりあえず、
マクロ的なリスクを伝えた方が、
売りやすいですからね。

 

色々な投資手法に関しては
勉強する方も多いと思いますが、
マクロ的なリスクに対しても
独自の考えを持っておいた方が
良いと思います。

そうすれば、
どんな相手から
どんな話を聞いても、
それを鵜呑みにする事は
ないですもんね。

 

とにかく、

リスクを取っていないつもりでも、
実は大きなリスクに晒されている。

って事にならないように
したいですよね。

 

それでは。

 

 

最後まで読んだついでに
ポチッとお願いします。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑