「普通」の違い

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

 

どんな分野でも
そうだと思いますが。

結果を出している人に
そのコツを聞くと、
「普通」にやってるだけ
と言われる事がありますよね。

 

それで、
その話をそのまま解釈して、
自分も「普通」にやれば
成果が出るはずだと
思う人も多いと思います。

まーそれはそうなんですが。

 

その話で
注意しなくちゃいけないのは。

「普通」の程度が人によって違う、

と言うことです。

 

不動産投資で例えると、

家賃収入が0の人の「普通」

家賃収入が1000万円の人の「普通」

家賃収入が1億円の人の「普通」

って、
みんな同じ「普通」なんですけど。

その程度と言うか、
内容や意味合いはまったく違うんです。

 

ですから、
家賃収入が1億円の人が
「普通」にやってるけど、
家賃収入0の人はやってないことや。

家賃収入0の人は
「普通」にやってるけど、
家賃収入1億円の人は
やってないことなど。

「普通」の違いがあるんですね。

 

私は家賃収入が
200万円くらいの時に、
家賃収入1億円の投資家との
「普通」の違いに気付いて。

それからはずっと
その差を埋めることを
意識していました。

 

当時の私は、
その投資家の
「普通」を全て吸収して、
自分との差を探すとともに、
どうしたらその差を埋められるのか。

何故差があるのかなどを
考えていたんです。

 

今は考えていた、
と書けますが。

当時はそこまで
深く考えてなくて。

単純に家賃収入1億円の人と、
同じ「普通」になれれば、
自分も家賃収入1億円になれると
思ってたんです(笑)

 

まー
笑い話のようですが、
本気でそう思ってました。

だって、
家賃収入1億円の人と
同じ「普通」の考えになれれば、
自分もそうなれると
思うじゃないですか。

 

ホントに
単純な考え方と言うか
動機だったんですが。

今では自分も
家賃収入1億円になれたんで、
その考え方は
合ってたのかなーって思います。

 

不動産投資の場合はどうしても、
テクニック的な話というか。

物件を見つけるためとか、
買うためのノウハウに
興味が出ると思うんですが。

 

そのテクニックや
ノウハウを使うためにも。

自分より先に進んでいる
投資家の考え方とか、
思考パターンなんかを吸収しておくと、
展開が楽になります。

 

そのためには、まずは

「普通」の違いを知る、

と言うことを
意識してみて下さい。

意識するだけで、
今までとは違った観点で
色々と見えるように
なると思いますよ。

 

それでは。

 

 

更新の励みになりますので、
ついでにポチッとお願いしますm(_ _)m

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑