相続税対策と不動産投資 その②

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

 

前回は
相続税対策として
安易にアパートを建てる
リスクについて書きました。

今日はその続きです。

 

現金が少なくて
土地しかない地主さんは、
どう対策すれば良いか
についてですが。

持っている土地に
賃貸需要が無かった場合。

そこに安易に
アパートを建ててしまうと、
将来的には資産を
失ってしまう事になりますよね。

 

いくら建てて
相続税が安くなっても
固定資産税が払えても、
返済出来なくなっては
本末転倒ですから。

そんな事に
ならないためにも、
まずは賃貸需要が無い
土地の場合は、
建ててはいけません。

 

でも、
そのままだと
固定資産税や万が一に
相続が発生した時に、
もろに税金が
かかってしまいます。

ですから
土地のままって言うのも
効果的ではないです。

 

ではどうするか、ですが。

 

 

賃貸需要の無い土地で
アパート経営するのは
ダメと書きましたが。

逆に考えると、
賃貸需要がある所で
アパート経営すれば良いんです!

つまり、
今持っている
土地を売却して
自己資金を作り、
その資金を原資に
不動産投資をやっていくんです。

 

首都圏はもちろん、
地方でもまだまだ賃貸需要が
落ちないエリアは
たくさんありますから、
そんなエリアに投資すれば
リスクテイク可能ですよね。

そうすれば、
資産を入れ換えて
安定した賃貸経営ができるし、
結果的に相続税対策にも
つながります。

 

ローンを組んで
1棟物のマンションを買えば、
土地と建物の評価と
ローン残高との差で
債務をつけられますから
相続税が安くなります。

しかも
ちゃんとCFの出る物件を買えば、
税金対策+収益アップと言う
理想的な形で
不動産投資が活用できます。

どうせなら
こんな形を目指したいですよね。

 

もちろん、
ここまで上手くいくかは
その人自身の力が左右します。

ちゃんと知識に投資して
間違いのない物件を
選べるように
ならなければいけませんから。

 

そう考えると
大変かもしれません。

難しそうですし、
面倒くさそうです。

 

でも、
良く考えて欲しいのが、
そもそも自分達の
資産、財産であるって
事なんです。

そんな事って
当たり前なんですが、
ついつい分からない分野になると、
その道の「専門家」に
任せたくなります。

安全そうですし、
楽そうで簡単に儲かりそう
ですもんね。

 

でも、
それが本当に
自分たちの資産や財産を
守る方法なのか、
良く考えれば分かりますよね。

決して
そうじゃないと思います。

 

どんな時代も、
自分たちの資産・財産は自分たちで守るんだ

 

そんな考えをもって
取り組まないと、
結局は何も守れないんじゃない
かなーって思います。

 

 

それでは。

 

 

こちらの記事に対する感想などあれば
下記アドレスにお願いします。

↓↓↓

info@subaru-realestate.com

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

PAGE TOP ↑