今でもフルローンを受けるには

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



こんばんは。篠田です。

 

前回、今の融資状況では
頭金1割で買うのも
選択のひとつと書きました。

 

フルローンが絶対、それ以外買わない、
と決めつけてしまうと、

買える物件や
使える銀行の幅が狭くなっちゃうので、

物件のスペックや
使える自己資金によっては
積極的に使って良いと思います。

 

まー、
一応そんな風に思っていますが、
全くフルローンを狙わないって言うのも
もったいないので、

今の市況で
フルローンを受けるための条件を
考えてみました。

 

ざっくり書くと、

①フルローンが出る銀行を見つける
②フルローンが出る物件を持ち込む
③フルローンが出る属性、資産背景を準備する

って感じだと思います。

 

 

これを見ると、

当たり前だろー!!

って突っ込みを入れたくなると思いますが、

この「当たり前」の条件を
落とし込めてない方も多いと思います。

 

というのも、

①に関しては、

そもそも「自分が使える銀行」が分からないと

フルローンが出る銀行を見極められないし、

 

②に関しては、

「銀行の評価が出る物件」が何かを理解していないと

持ち込めない訳です。

 

さらに、③に関しては、

「属性、資産背景」が準備出来てないと

いくら良い物件を持ち込んでも
融資が受けられないです。

 

こんな風に考えていくと
フルローンを受ける条件って
かなり準備が必要ですよね。

準備の他に
知識とか行動量が必要になってきます。

しかも、この条件を揃えても
必ずフルローンが受けられるとは限らないですからね。

 

ここに書いたのはあくまでも

「フルローンが出る可能性が高い条件」

ってだけで絶対では無いです。

今でもフルローンを受けるとしたら
最低この条件はクリアしてないと
キツイかなってところですね。

 

それと、満たすとしたら
この3つの条件の中では、
③が一番ハードルが高いと思います。

もしすでに③を満たしている方は、
融資や銀行評価の出る物件について
しっかりと知識をつけてもらえたらなと思います。

 

融資の知識や
物件評価の知識が正確であれば、

今の市況でも努力しだいで
フルローンが受けられると思います。

むしろ、
融資が厳しい市況になったからこそ、
不動産投資の「知識」が
より重要になってくるんじゃないでしょうか。

 

どんな属性、どんな物件にも
フルローンがつく市況より
良い物件を買うチャンスはあると思いますよ。

 

それでは。

 

 

良い物件、俺のところに来い!
って思った方はポチッとお願いします。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑