融資状況、私の実例

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



こんばんは。篠田です。

 

今日は、
今でもフルローンが出る銀行があるのか、
私の状況を実例に書いていきますね。

 

今のところ
私の使える銀行は、

都銀A、

地銀ABCD、

信金ABCD

の合わせて9行です。

 

こちらの銀行に
実際に物件を持ち込んだところどうなのか、
反応はどうだったのかみていきたと思います。

ちなみに、
持ち込んだ物件のスペックは

RC造、築10年台、
利回り9%弱、価格2億円ってヤツです。

 

それでは、順を追って
都銀、地銀、信金の反応を
書いていきますね。

 

都銀A → 案件によってはフルローン可能。

 

地銀A → フルローン可能。
      評価しだいでオーバーローンの可能性もあり。

 

地銀B → 今はだれでも頭金2割必要。

 

地銀C → フルローン可能。

 

地銀D → 本部が厳しく頭金3割必要。

 

信金A → 案件が大きい、
       今は5000万円台から持ち込んで欲しい。

 

信金B → フルローン可能。

 

信金C → 支店としては取り組みたいが、
         本部から頭金3割と言われた。

 

信金D → フルローン可能。
        支店ではぜひ取り組みたい。

 

と言う風に、
それぞれの反応はこんな感じでした!

 

フルローンOKのところもあれば、
頭金3割が絶対のところもあって
銀行ごとに反応がまちまちですよね。

頭金3割が必須と思われてる今でも、
実際はフルローンの可能性があるところもあるし、

イメージ通りに
頭金3割必須のところもある訳で、
やっぱり動いてみないと分からないなー
って思います。

 

もちろん、私には
これまでの賃貸業の実績があるので、
新規の方よりは有利かもしれませんが、

それでも実績があっても
3割必要と言われるところもあるんですよね(笑)

 

心の中では、

「じゃあいったい誰に貸すんだい!」

って思っちゃいますよ。

 

まー、そこは
相手のある事なので、
相手がそう言う解釈なのであれば
しょうがないですよね。

相手がどうこうよりも、
自分でできるところにフォーカスして
対策を考えたいところです。

 

融資に関しては
今は新規の方とか、
サラリーマンの方には厳しいって
イメージが強いかと思いますが、

実績があっても
厳しい目線のところはあるんですね。

 

それでも、
探せばフルローンベースで
取り組んでくれるところもあるし、
動いてみる価値は
あるんじゃないかと思います。

 

新規だから、サラリーマンだから融資が出ないのか。

 

ホントにそう断言できるのか、
断言できるまで動いたのか、
それぞれの方が検証しても
良いんじゃないでしょうか。

 

それでは。

 

 

確かに、断言できるまで動いてないかも!
って思った方はポチっとお願いします。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑