不動産投資のリスクを分けて考える

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



こんばんば。篠田です。

 

不動産投資には、
リスクが伴う事は
誰でも知ってると思います。

 

どんなリスクがあるのか、と言うと。

 

・空室リスク、
・返済リスク、
・災害リスク、
・金利上昇リスク、
・修繕リスク、
・事件、事故リスク、

こんな感じでしょうか。

 

パッと思いついたまま
書いたんですけど、
結構リスクってありますよね。

 

不動産投資を
やった事が無い方は、
これを見ただけで。

「危ないな~」

って思うかもしれません。

こちらで
コントロールできない
リスクも多いですから。

 

ただ、私からすると、
すべてのリスクを同列に考えるのは
不動産投資を

「危ないもの」

と勘違いする要因に
なるかなと思います。

 

例えば、
返済リスクと修繕リスクの場合。

融資を受けて不動産を買うと、
通常は手元資金を温存できますから、
修繕リスクが低くなります。

 

反対に、
現金で不動産を買うと、
返済リスクは無いものの、

手元資金が減るので、
修繕リスクが高くなります。

 

返済リスクと
修繕リスクは同列じゃないんですね。

 

こんな感じで
リスクを分けて考えていけば。

不動産投資=危ないもの、

と言うような
認識にはならないと思います。

 

目指す投資規模や
取る手法によって、

リスクって
違ってくるので。

取りたい手法のリスクを分けて、
考えてもらえたらなと思います。

 

 

それでは。

 

確かに、同列じゃないかも!
って思った方はポチッとお願いします。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑