ベクトルを揃えるのが交渉力

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



こんばんは。篠田です。

 

交渉って言うと、
皆さんはどんなイメージがありますか?

相手と駆け引きする、とか。

相手の腹の内を探る、とか。

色々なイメージがあると思います。

 

私が思う交渉って言うと。

関わる人全てのベクトルを揃える事、

かなーって思います。

 

不動産投資の場合、

・売り主さん
・売買仲介さん
・銀行員さん
・買い主(投資家)

が主に購入する時に
関わってきますよね。

 

それで、
この関わる人全ての
ベクトルを揃えていく。

調整していくのが交渉で。

その力が
「交渉力」なんじゃないかと。

 

具体的に
ベクトルを揃えるって
どう言う事なのか、と言うと。

関わる人それぞれの
思惑とか、利益とか。

考えとか、立場とか。

色々な要素を
揃えていくって感じですね。

 

例えば、売り主さんだったら。

・高く売りたい
・早く売りたい
・良い人に買ってもらいたい
・騙されなくない

って感じに色々なベクトルを持ってます。

全て持ってる場合もあるし、
この中の1つだけの事もあるし。

他にももっと
ベクトルがある場合もあります。

 

他にも、売買仲介さんだったら。

・早く売りたい
・高く売りたい
・確実に売りたい
・面倒なことをやりたくない
・売り主さんのために頑張りたい
・買い主さんのために頑張りたい

って感じに
色々なベクトルを持ってるんですね。

 

不動産投資の場合、
それぞれバラバラの方向の
ベクトルを持っていますので。

揃えていくのは大変なんですが。

 

不動産投資に関わる
全ての人のベクトルを把握しながら、

状況に応じて調整していくのが
私たち投資家の仕事でも
あるんじゃないかと思います。

 

売買仲介さんが
その役割をやってくれる
場合もありますが、

売買仲介さんのベクトルを含めて
調整しなくちゃいけない状況もありますので、

そこはケースバイケースかと。

 

自分に有利な方向にのみ
ベクトルを揃えようとすると、
交渉ってうまくいかないので。

相手の有利な方向と
自分の有利な方向が揃うように、
交渉していきたいですよね。

 

それでは。

 

 

了解です!相手と自分のベクトルを揃えていきます!
って思った方はポチッとお願いします。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑