聞いてみないと分からない

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

 

今日も
投資相談の話なんですが。

「○○エリアは○○だと思うんです」とか、

「○○の経費はオーナーの工夫で
安くできると思うんです」とか、

いろいろ聞かれる事があります。

私も分かる範囲でなら
回答するんですが、
ピンポイントにその物件の
個別的な事を聞かれても
困りますよね。

 

それに、中には

「○○と思うんでダメだと思います」とか、

「○○な感じがするんで止めておきます」とか、

言われる場合もあります。

こんな風に
自分の思い込みとか
イメージでしか答えを出して無いのに、
わたしに意見を求められても
困っちゃいます(笑)

 

何でも
そうだと思うんですが、
自分で判断を下すためには
具体的な事を

「聞いてみないと分からない」

ですよね。

それも、
ちゃんとした答えが
分かる人に聞かないと、
意味が無いんです。

 

例えば、
物件の売買に関する事は
売買の仲介さんに聞く必要があるし、
家賃相場やエリアの特徴については
賃貸の仲介さんに
聞く必要があるじゃないですか。

これを明確に
分けて聞かないと、
売買の仲介さんに
聞かなくちゃいけない事を、
賃貸の仲介さんに
聞いたりしちゃいます。

これって聞く相手を
間違えてるんですね。

 

同じように
私に対しても、
私が知らないエリアの
ピンポイントな事を聞かれても、
分からないですよね(笑)

私に聞くとしたら、
投資戦略とか融資戦略とか、
不動産投資の戦略的な要素を
聞いてもらえると良いと思います。

もちろん、
他にも分かる事は
多いんですが、
繰り返しになりますが、
そのエリアに行かないと
分からない事は
明確な回答ができないんです。

 

そんな訳で、
物件やエリアの事で
不安だったり分からない事があれば、
まずは売買の仲介さんとか、
賃貸の仲介さんに
聞いてみる事が大切だと思います。

当たり前のようなんですが、
以外とコレが
できてない人も多いです。

 

ちゃんと聞くべき相手から
具体的な情報を集めた後で、
その情報をもとに
私に聞いてもらえると、
明確な回答ができるんで助かります。

ピンポイントのエリアでも、
具体的な情報が分かれば
ちゃんと回答は出せますからね。

 

まー、とりあえず
どんな不安な事でも、

「聞いてみないと分からない」

んで、まずは
具体的な情報を聞く事を
意識してみて下さい。

 

具体的な情報の
聞き方が分からない場合は、
相談フォームから
問い合わせて頂ければ
アドバイスしますので、
遠慮なくどうぞ。

ただ漠然と
不安な状態のままなのも
良くないですからね。

 

それでは。

 

 

最後まで読んだついでに
ポチッとお願いします!

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑