融資の厳しい時にこそ準備しておきたいもの

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



こんにちは。篠田です。

 

属性や金融資産しだいでは、
まだまだフルローンは出ていますが、

以前の誰にでも出る
状況じゃなくなっている今だからこそ、
準備しておきたいものがあります。

 

それは何かと言うと、

金融資産と事業実績です。

 

金融資産は分かりやすく言うと、
自己資金と言う事ですね。

他には担保の無い土地とか、
株とか生命保険なんかも含まれます。

自己資金以外にも
これらをまとめて
金融資産としてみてもらえると、

融資の条件とか、
取り引きも有利に進める事ができます。

 

サラリーマン属性だけでは
借りれなくなってきた時に、

この金融資産が多ければ
他の投資家より有利になります。

しっかりと
金融資産を提示する事で、
地銀・都銀から
安い金利で融資を受けられる
可能性が出くる訳です。

 

では、
どのくらいの金融資産を
最低提示すれば良いかと言うと、

具体的に言うと
2000万円以上は欲しいところ、
だと思います。

属性が良くて
年収が1000万円以上ある方は、
これ以上持っていた方が
ホントは収入と資産のバランスが良いんですが。

とりあえずのラインは
2000万円かなーって思います。

 

金融資産が2000万円以上
準備できていれば、

一般的にフルローンが
厳しくなっている状況でも、
まだまだフルローンの可能性は高いです。

やっぱり、
金融資産がある、と言う事は
銀行さんに対して有利に働くんですね。

 

それと、
金融資産の他にも
準備したいものとしては、

事業実績ですね。

 

これは個人の場合は確定申告、
法人の場合は決算書の実績、
と言う事になります。

不動産投資の勉強を
たくさんやっている方は
ご存知かもしれませんが、

「黒字で3期」
確定申告や決算書を作れると、

サラリーマンの副業ではなく
不動産賃貸業として融資を
受けられる可能性が出てきます。

 

もちろん、
可能性が出てくるだけで
絶対では無いですし、

持ち込む物件の
スペックや価格帯、
難易度にもよるかなーって思います。

 

サラリーマン属性だけでは
融資が厳しくなってきた時は、

金融資産と事業実績を
準備しておく事で、

フルローンや条件によっては
オーバーローンを受けられる
可能性が出てきますので、
着実に準備をしておきたいですよね。

 

特に金融資産なんかは、
サラリーマン属性が良く無い方や
地方に住んでいる方には
もの凄く有利に働くケースがあるので、
準備できている方にとっては
チャンスなんじゃないかと思います。

 

それでは。

 

 

今日も応援のポチッとをお願いします。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑