家族との距離が開いたらどうするか

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



こんにちは。篠田です。

 

前回は不動産投資と
家族との距離について書きました。

 

自己実現と不動産投資、
家族との距離感が一定になるように、

意識しながら不動産投資に取り組んでいる、
と言う内容でしたね。

 

私みたいに
不動産投資の勉強とか、
現地調査にのめり込んじゃうタイプの方は、

普段から意識しておくと
自分のやりたい事だけやってる状態は
防げるんじゃないでしょうか。

 

まずは意識する事からスタートですね!

 

それでも、
新しい物件情報とか、セミナー、
勉強会などの話って
結構たくさん来るので、

あれもこれもやりたい、
行きたいって思うと
全部やろうとしちゃいます。

 

自分のキャパに
余裕があれば良いんですが、
キャパが無いと自分の予定を優先して
どんどんやっちゃうんですね。

それで、ふと気付くと
家族を置いて自分の事だけやってるなー
って状態になります。

 

当然うちの妻なんかは
子どもの世話に追われてますから、
機嫌が悪くなっちゃいます。

子育てってもの凄く大変ですから、
当然ですよね(汗)

 

で、こんな状態の時に
私がどうするか、と言うと。

 

素直に謝っちゃいます!

もう対応はシンプルですね(笑)

 

結局あれこれ私が言っても、
それは言い訳になるし、

相手が大変な状況だったって気付いたら、
それを素直に認めて
謝っちゃうのが一番だなって思うんです。

 

素直に認めて謝るし、
謝るだけじゃなくて繰り返さないように
ちゃんと改善策を考えます。

私ひとりで考えるんじゃなくて、
妻と一緒に考えてやっていくんですね。

 

こうやって、
問題があればひとつひとつクリアして、
家族との距離が開かないように、
開いたままにならないように意識しています。

 

家族あっての私だし、
不動産投資を頑張る理由はそこにあるので、
これからも距離感は
大切にしていきたいと思います。

 

そんな訳で、
私と同じようなタイプの方は、
有事の際は素直に謝る事を
オススメします(笑)

 

それでは。

 

確かに素直に謝るのが一番だよね!
って思う方はポチっとお願いします。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑