お金が貯まりません

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



こんにちは。篠田です。

現金で物件を買うにしても、
融資を受けるにしても、
不動産投資の場合は
とにかく自己資金が大切になってきます。

それを作る
一番身近な方法として
貯金があります。

貯金って聞くと、
だいたいの方が難しい、
無理だと感じる事ですよね。

貯金なんてできないよーって
思っている方がいれば、
一度自分の生活コストを
見直してみて下さい。

具体的には、
自分が何にお金を使っているのかを、
紙に書いてそれを分析します。

貯金は簡単な話、
入ってくるお金より
出ていくお金を少なくすれば良いので、
出ていくお金の大まかな流れをつかみます。

項目は、
固定費用(家賃、光熱費、保険料、車、携帯電話など)と
変動費用(食費、交際費、医療費など)に大別できます。

そして、
その詳細を詰めていくんですが、
ここで大切なのが、
減らすのは固定費用にするという事です。

固定費用は
収入に占める割合も大きいですからね。

それに、
食費や交際費などを削減しようとすると、
何の楽しみも無いため、
ストレスが貯まりやすく、
逆に浪費を招く結果となる事が多いです。

自分の健康の事も考えると、
食費を過度に削る事も
マイナス要因となります。

そこで、
一番効果的なのが、
家賃と車にかかるお金を削減する事です。

家賃は、ちょっと不便でも
賃料の安い部屋にする、都市ガスの物件に住む。

車に関しては、
通勤や生活に必要なければ、
思い切って手放す事も必要です。

私の場合は現地調査などに
車を使わなければいけなかったので、
手放す事はできませんでしたが、
職場を選ぶ際は通勤手当が
しっかり出るところを選びました。

そこは
自分の生活スタイルに合わせて
変える必要があります。

自己資金を貯める意味では、
貯金が大切になりますが、
不動産投資で継続的に規模を
拡大していくためにも、
大切な要素となります。

どういう事かと言うと、
貯金するのは誰もが大変ですが、
不動産を買うのもやっぱり大変なんですね。

むしろ、
こっちの方が大変かもしれません。

ホントに
うまくいかない事が多いですし、
努力や我慢も強いられます。

良い不動産を買うためには、
今までの自分の考え方や生活スタイル、
行動パターンなど
多くの事を変えなければいけません。

いかに自分を変えられるかが、
成功のカギだと言っても
過言ではないと思います。

たかが、貯金ですが、
いかに今までの自分を変えて
取り組めるのかが、
その後の不動産投資の成功の可否にまで
つながってきますので、
今のうちから自分を変える
「クセ」をつけておけると
後が楽になると思います。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑