相手の状況を考え、スピードを意識したからこそ買えた6棟目

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



こんばんは。篠田です。

今日はまた6棟目のはなしです。

前回、前々回と
購入に関する内容を書いてきましたが、
今日は物件の管理会社さんについてです。

6棟目の管理会社さんですが、
購入後も変更せずにそのままお願いしています。

なんで変更しなかったのかと言うと、
この管理会社さんは、実は売り主さんです。

まー、
物件を持っていたのは
ここの社長さんなんですが、
もともと不動産会社を経営していて、
数年前に廃業され、
個人名義で物件を持ってたんです。

そろそろ
借り入れを減らしていきたいと、
資産整理の目的で売却を検討していたところ、
私が買い付け入れたという感じです。

で、
この売り主さんは年齢が70代の男性なんですが、
昔からけっこうやり手で
規模は大きくないんですけど、
不動産をいろいろ持ってる方でした。

そして、
性格はマジメで、
筋が通らないことは大嫌いっていう
ホントに一昔前のタイプの方です。

それだけじゃなく、
身体も鍛えているようで、
見た目にはぜんぜん70代に見えなくて若かったです。

しかも、格闘技までかじってます(笑)

この方の自宅近くに
別の物件があったんですが、
そこの1階を改装して専用のジムにしてました(笑)

ちょっと見させてもらったんですけど、
サンドバッグがぶらさがってましたねー(汗)

私たちと話をしている時は
とっても気さくで明るい方なんで、
まさか格闘技をやってるなんて
予想もしてませんから、
ホントにびっくりしました。

ちょっとでも怒らせたら
鉄拳が飛んでくるんじゃないかって、
本気で思ってましたから(笑)

そんな性格の売り主さんですが、
今回の物件は土地から仕入れて
新築で建てたみたいなんですね。

それで、
管理は自分でやって、
しかも聞いたらその徹底ぶりが凄くて、
毎日物件を見に行くのはもちろん、
掃除もほぼ毎日やってて、
地元でも有名な人だったんです。

そんな物件なんで、
共用廊下から階段まで、
ほぼ全てがめちゃめちゃ綺麗でした。

あんまり綺麗なんで、
清掃業者さんが階段の手すりとかその隙間くらいしか
やることがなかったみたいですから(笑)

ホントに凄いですよねー。

それで、
こんなに手塩にかけて
管理していた物件ですから、
買い付けが通るまでけっこう大変でした。

何が大変だったかというと、
売り主さんがOKしてくれなかったんです。

とにかく大切にしてきた物件ですから、
なかなか決心がつかなかったんだと思います。

買い付けを入れてから
かなり時間がたっても
何の返事も無かったので
正直ダメかなーって思ってました。

そんな状況だったんですけど、
事態は一変します。

売り主さんが売却をOKしてくれました。

 

その決めてとなったのは、手付金です。

 

その理由を聞くと、
私から手付金がすぐに振り込まれたんで、
決心がついたそうです。

この物件は手付金に650万円使っています。

手付金は通常は物件価格の3%くらいが上限だと思います。

私の場合はだいたい100万円ってことが多いですが。

そんな私が
なんで650万円も出したかと言うと、
単純に売り主さんがその額を求めたからです。

つまり、相手の言いなりになった訳です。

これも
ただ相手の言いなりになったんじゃなくて
、仲介さんと相談して決めました。

売り主さんの心情を一緒に考えたんですね。

結果的には
手付金を支払ったことで、
売り主さんも決心がついたみたいで、
売却のOKが出て、
その後は決済までトントン拍子に進みました。

後で仲介さんから聞いたんですが、
売り主さんはこの物件をとても大切にしていたので、
自分の娘を嫁に出すくらいの感覚でいたそうです。

私もそんな感じなんじゃないかなと思って、
売り主さんの気持ちを尊重して
手付金はめちゃめちゃ早く振り込みました。

売り主さんからはなしがあって、
仲介さんに相談して、その10分後には振り込んでました。

早いでしょ?

やっぱりこのスピード感が大事なんですよね。

それで相手も決心がついたんですから。

それと、やっぱり相手の状況を考えて動く。

これもホントに大事だなーって思います。

何気ないことなんですけど、
なかなかできないんですよね。

私もその辺が
最近になってやっと分かってきた気がします。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑