塩対応の仲介店 ②

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

 

前回の続きですが、
塩対応の仲介さんです。

社長の奥さんから
「アポイント」を取るように言われ、
お店を後にした私は
「アポイント」を取るため、
数時間後にお店に電話しました。

 

懲りないですねー(笑)

 

そのやり取りはこんな感じです。

 

 

プルプルプルプル~

 

 

ガチャ

 

 

女性「はい。〇〇不動産です。」

 

私「先程、賃貸事情を聞いた篠田と言いますが。」
「社長さんの明日のご予定は分かりますか?」
「アポイント取りたいんですけども」

 

女性「あーさっきの人ね。」

「社長の明日の予定はね、明日にならないと分かりません!」

「なので、また明日来る前に電話してくれる?」

 

私「、、、、、、、。そうなんですかぁ。」
「そしたらまた明日行く前に電話しますね。」
「ありがとうございます。それでは。」

 

 

って感じでまた塩対応でした(笑)

 

いやーさすがに

 

「明日の予定は明日にならないと分からない」

 

って言われるとは
思って無かったんで、
ビックリしましたね。

電話する前に、
ちゃんと対応してくれない事は
予想できた事ではありますが。

 

でも、
それで懲りる私ではないので、
次の日に不動産屋さんに
行く事にしました。

今度は
向かう前に言われた通りに
電話してみました。

 

その結果はと言うと。

 

こんな感じです。

 

 

 

プルプルプルプル~

 

 

 

ガチャ

 

 

私「すみません。昨日お伺いした篠田ですが」

「社長さんに色々お話聞かせて頂けたらと思いましてまた連絡しました」

「今社長さんいらっしゃいますか?」

 

 

女性「はい、社長ですか? ちょっとお待ちくださいね。」

 

 

私「(あれ?昨日の人じゃないな、、、。)」

 

 

しばらく待つと。

 

 

社長「もしもし。あー昨日来た人ね」

 

「その物件は××さんが管理してるんだからそこに聞きなさいよ」

 

「どうせこの辺は物件がダブついてるから、それで売りに出たんだろうから」

 

 

私「そうですか、、、。」
「分かりました、、、。そうしますね(汗)」

 

ガチャリ

 

 

 

結局、
こんな感じで
社長まで塩対応でした(笑)

 

 

 

それで、
前回から塩対応の仲介さんとして
書かせてもらいましたが、
別にこの方達が悪いとか、
ダメだから書いている訳ではありません。

私が伝えたいポイントは、
塩対応されてもめげずに、
結果がダメだと分かっても
「やってみる」って事なんです。

 

今回は予想通りに
収穫はありませんでしたが、
それで良いんですね。

むしろ変に
ダメだと思ってやらないよりは
プラスなんじゃないかと思うんです。

 

考え方だと思うんですが
ヒアリング1つとってみても、
エリアの事を学ぶ以外に
こんな風に色々と体験できますよね。

やっぱり不動産投資は
こんな体験が大切なんじゃないかなー
って思います。

 

うまくいく事もあれば、
いかない事もあるし。

塩対応される事もあります(笑)

 

でも、塩対応される事を怖れずに、
どんどん行動していきたいですよね。

ただし、繁忙期の土日や
忙しい時間に行くのはマナー違反なので、
その辺の基本的なところは
抑えた上でですけどね。

 

 

それでは。

 

 

 

塩対応にもめげずにやるんだ!って
思った方はポチッとお願いします。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑