基本は現地調査とヒアリング

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

 

今買えない人でも
買うためにできる事があります。

 

それが

「現地調査とヒアリング」

です。

 

特にヒアリングは、
物件購入の可否判断を下す上で
最も大切な要素になります。

 

いくら属性が良くても
自己資金が多くても、
良い物件が買える訳では
ないですし。

属性や自己資金は、
あくまでも良い物件が
買える可能性が高くなるだけで、
その条件を満たしていたら
必ず買えるという事でもありません。

 

むしろ、
属性が良い人や
自己資金が多い人は、
物件が買いやすい
という観点において、

注意が必要です。

本当なら
買っちゃダメな物件も、
買えちゃいますからね。

 

それで、
良い物件を買うためには
どうしたら良いかと言うと。

簡単に言うと、

「良い物件かどうかを見分ける」

事が必要です。

 

見分けると言うと、
物件の利回りや立地を
思い浮かべる人も多いと思いますが、
一番肝になるのは
「ホントに買って良い物件なのか」
を見分けられるかどうかです。

つまり、
買ってからホントに
満室経営できるのかを、
ちゃんと見分けられないと
いけないんですね。

 

結局、
どんな良い利回りの物件や
良い立地の物件でも、
概要書やレントロールだけじゃ
ホントかどうか分からないし、
あくまで想定でしかないんです。

ですから、
概要書やレントロール通りに
入居が付くのか
運営の難易度はどのくらいなのかを
しっかりと調べる必要があります。

で、それを調べるには
現地調査とヒアリングが
大切になるんです。

 

こんな風に考えると、
良い物件を買うために必要なのは
「現地調査とヒアリング」
なんですね。

基本中の基本なんですが、
この精度が低いと物件は買えません。

買えないと言うか、
「良い物件」が
買えないんです。

 

とりあえず銀行を回ったり
無料のセミナーに出るよりも、
とりあえず現地調査や
ヒアリングに行った方が、
良い物件を買うためには
実は近道です。

 

不動産投資においては
現地調査とヒアリングが
基本になると思いますので、
現地に行った事の無い人は
まずは行ってみる事を
お勧めします。

 

基本は現地調査とヒアリング、
これが不動産投資の原点
なんじゃないかと思います。

 

 

それでは。

 

 

 

すぐに
現地調査とヒアリングに
行きたくなった人は、
ポチッとお願いします。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑