どんな物件だったら買えますか?

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

 

投資相談で聞かれる事として、

・どんな物件だったら買えますか?
・今の自分に買える物件てありますか?

なんて質問があります。

こう言う質問って
実は答えるのが難しくて、
結局はその人がどうしたいのかによって
答えが違ってくるんです。

 

例えば、
今の給料が月に30万円の人がいて
不動産投資は給料と同じ額まで
買えれば終わりの場合と、
それ以上の投資規模まで
買い進めたい場合とでは
やり方も投資手法も違うんですね。

給料と同額で良ければ
単純にアパートローンの範囲内で買うとか、
融資を使いたくない人は
現金で区分とか戸建てを買っていけば、
比較的簡単に達成できます。

 

ところが、
給料と同額以上とか、
継続的に買い続けて
いずれは会社員を辞めたいとなると、
どんなやり方でも良い訳では無いんです。

ここをしっかりと分けて考えて、
不動産投資を始める前から
計画的に考えていく必要があります。

 

それで、
計画的に不動産投資を
考えていくためには、
投資規模とか投資手法を
考えるのも必要ですが。

その前に、
そもそも自分が
どの手法なら取り組めるのか、
取り組めないとしたら
何故取り組めないのかを
把握していないといけません。

 

まずは、
具体的な投資規模とか
投資手法を考える前に、
自分で自分の状況が分かってないと
ダメな訳です。

なので、投資規模や
投資手法を考える前に
まずは自分の状況を自分で把握して下さい。

これって把握できているようで
把握できて無い事の方が多いですから。

 

不動産投資の場合は、
投資手法やテクニック的な話に
フォーカスしがちですが、
その前に自分の状況を把握する事が大切です。

特に、
とりあえず物件が欲しい人や
今なかなか物件が買えない人は、
一度自分で自分の状況を確かめてみて下さい。

何となくじゃなくて、
年収とか使える自己資金とか
買えるエリアなど、
ありとあらゆる状況を
確かめる必要があります。

 

この作業をしっかりやって
自分で自分の状況が把握できるからこそ、
目標とする投資規模に対して
どんな手法を使おうとか、
融資が使えなくても
時間をかけて使えるようにしていこうとか、
具体的な方向性が見えてきます。

これが見えれば、
冒頭にあったような質問って
出てこないですし、
今自分が何をすれば良いかも
分かると思います。

 

いずれにしても、
とりあえず欲しいから
物件を探すって事だけは
避けたいですよね。

そんな状態だと
融資がつくという理由だけで、
物件を買っちゃいますからね。

 

 

それでは。

 

 

最後まで読んだついでに
ポチッとお願いします!

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑