不動産投資のリスクとは

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

今日は不動産投資のリスクについてです。

本なんかでもリスクについては
色々書かれてますよね。

・空室リスク
・大規模修繕リスク
・事故リスク
・金利上昇リスク

こんな感じのリスクが
代表的なんじゃないでしょうか?

私も昔は色々リスクが気になりましたけど
今ではあんまり気にならないです。

何故かと言うと、
これらのリスクは全て予想し
対応できるからです。

空室リスクは、
事前に賃貸需要や相場などを
ヒアリングすれば問題ないですよね。

大規模修繕リスクは
買う物件の修繕履歴を調べる、
買う築年数をコントロールする事で
発生時期をズラせます。

事故リスクは
保険に入る、物件を綺麗に保つ事で
発生を防げます。

金利上昇リスクは
あんまり考えてもしょうがないと
個人的には思います。

未来の事は誰にも分からないですから。

仮に気になるのなら
融資を受けての不動産投資は
検討しない方が良いんじゃないかと思います。

まー、ざっくり言うと
こんな感じで全てのリスクは
対応可能だと思います。

あくまでも私の考えなんで、
絶対大丈夫だと言えないですけど、
そこまでリスクにフォーカスしなくても
良いんじゃないかと思うんです。

それよりも、考えるべきは
そのリターンですよね。

私なんかはやっぱり
例えリスクがあったとしても
サラリーマンよりも何倍も
リターンが得られるんで、
絶対不動産投資は
やった方が良いと思ってます。

別に買うのを煽ってる訳じゃないですよ。

煽ってる訳じゃないけど、
今書いたリスクなんて
私の感覚からすると
外を歩くのと何ら変わらないんですよ。

どう言う事かと言うと、
別に外を歩くのも
絶対に安全な訳じゃないですし、
いつ事故に合うか分かんないですよね。

じゃー、それが怖いからって
外出しないのかって言ったら
それもまた違うじゃないですか。

じゃあ、何で外を歩くのは
リスクが少なく感じるかと言うと

それは、

「安全に歩く方法を知ってるから」

ですよね。

だから、外に出るのが怖くないんです。

それを知らなければ、
怖くて誰も外に行けないですよね。

乱暴に言っちゃえば
不動産投資もこれと同じです(笑)

安全な方法を知っていれば安全ですし、
知らなければ怖いままです。

では、どうしたら怖さを克服できるのか。

その答えは簡単で、

「知識をつける」

これに尽きると思います。

知識さえあれば
そのほとんどのリスクは回避できますし
逆に人より多くのリターンを得られます。

結局、自分の身は自分で守るしかないんですね。

そう言う意味でも
不動産投資は自己責任なんだと思います。

リスクをイタズラに怖がるより
自分の知識の無さを怖がるような
そんな感覚になる必要があるんです。

不動産投資で成功するには
必要な感覚ですし、
絶対に身に付けなければならない
感覚なんだと思います。

私はそう思いますが、
皆さんはどう思われますか。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑