大家の会のメリット、デメリット

公開日: 

まずは順位の確認からお願いします。
    ↓  ↓  ↓



篠田です。

不動産投資を
始めようとしている人の中には、
地元の大家の会に入れば
安心だと思ってる人もいると思います。

地元で昔から
不動産投資をやっている人から
色々なノウハウや
良い業者さん等の情報を聞ければ、
安心して投資ができますからね。

 

まー、確かに
この考え方は間違って無いんですが、
不動産投資で規模を拡大していく場合に
間違ってしまう事が多いんです。

何故かと言うと、
大家の会には色々な状況や条件で
賃貸業を行なっている人や
賃貸業に対してネガティブな
意見を持つ人も集まってしまうため、
その人たちの考え方や意見に
自分の考えが左右されてしまうんですね。

 

つまり、

・マインドが違う
・投資手法が違う
・成功してる人、失敗してる人がいる
・賃貸経営に対してネガティブな人がいる
・向かう方向性が違う(拡大、維持、縮小)

状況が混在するため
自分の投資方針がブレちゃうんです。

地元にコミュニティができる、
業者さんを教えてもらえるという
メリットは確かにあるかもしれませんが、
投資手法が固まらないうちは、
デメリットの方が大きいと思います。

 

やっぱり、不動産投資は
マインドが同じ人と、同じ手法で
進めていかないとうまくいきません。

知らずにブレーキを踏んでしまいますし、
リスクにフォーカスしちゃうんです。

これが、同じ手法で
同じ方向を向いている人であれば、
マインドが同じなので、
変なブレーキを踏まずに
ガツンといけるんですね。

 

別に、「大家の会が悪い」とか
言うつもりはないですし、
必要なコミュニティだと思います。

ただ、
参加する人がどんな目的で、
何を得るために参加するのかを
明確にしないと、
投資方針がブレるだけの
集まりになってしまうので
注意が必要です。

 

そんな事も考えながら
参加してみて下さい。

内容が参考になればクリックお願いします。
    ↓  ↓  ↓

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑